スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ダライ・ラマ 回想(2)
Jun. 4, 2007



(『ダライ・ラマ 回想(1)』より続き)

そして、12年の時を越え単独インタビューの実現。目の前のダライ・ラマは気さくなおじいさんという感じだ。うっすらと毛の生えたきれいな形の(うちの祖父を少し思い出させた)坊主頭がそう思わせるのか。無論、バリトン調のハキハキした声、時折見せる眼光の鋭さなどに“オーラ”は現れていた。

私は率直に質問をぶつけた。

「あなたは1988年にチベットの独立を放棄し、それ以来、チベットの完全自治を中国政府に求めている。しかし、中国政府は無理難題な『前提条件』を突きつけ事実上対話の再開さえ拒否。しかも、チベット難民の殆どは、たとえ表には出さなくても、チベットの独立を望んでいる。あなたが独立要求を放棄したことを厳しく批判するチベット人知識者にも会った。難民達はあなたの政策の『意図』を本当に理解し支持しているのですか?」

「ははは」と少し笑いながら、ダライ・ラマはこう続けたー

「チベット難民たちは政策を支持してくれていると思いますよ。もちろん、私は一人一人に『私の政策を支持していますか?』と聞いて回った訳ではないですがね。」

質問を笑いながらはぐらかされたことに、正直、ムッとしてしまった。

私はアメリカ留学時(3年間)、「チベット問題」に関する相当のリサーチをした。しかも、単独で3ヶ月間、難民コミュニティーに滞在しながら様々な難民(老若男女、政府関係者、聖職者、etc. )へのインタビューを重ねていた。殆ど何の実質的な勉強さえもしないでインタビューに臨む大多数の連中とは訳が違うーそれなりの自負があった。「笑いながら答えるとは何事か!」不敬にも心の中でそう叫びー

「私が聞いていることはそんなことではない。チベット難民の間で『チベット問題』に対する本当の気持ちが一致してない状況の中で、どうしてチベットの“大義”のための闘いが実を結ぶというのか。いかにして、問題解決への光明が見出せるのか」と早口の英語で捲し立ててしまった。

すると、ダライ・ラマのそれまでのどことなく緩んだ穏やかな表情が一変し、厳しく真剣な顔になった。

「ビデオカメラを一度止めて下さい。先ず、オフレコでお話しましょう」

ダライ・ラマは具体的な個人名・団体名を挙げた後、

「インド及び世界各地の様々なチベット難民たちが、チベット独立を放棄した私の政策を厳しく批判していることを知っています。特に、若い世代。たが、中国政府が交渉を頑に拒み何十年も状況が変わらない中、一体、どうしろというのです。批判するのは構わない。しかし、ならば、彼らには具体的な“青写真”を提示してもらいたいのです」 

そう熱く語った64歳(当時)のダライ・ラマの目頭はうっすらと濡れていた。

彼の孤独、焦躁、悲しみが少しだけ分かった気がした。

10分の約束だったインタビューは結局1時間に及んだ。外に出ると、若い僧侶達が儀式の準備で忙しく走り回っている。その日は奇しくも「ブッダの生誕祭」の日だったのだ。私はダライ・ラマより頂いた絹のスカーフに触れながら、「独自の視点で『チベット問題』を伝えていかなければならない」と改めて感じていた。

(『ダライ・ラマ 回想(3)』へ続く)



テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2007/06/04 01:03】 | ダライ・ラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダライ・ラマ 回想(1)
May 30, 2007

Dalai Lama 1

5月9日付けのロイター通信によれば、ダライ・ラマ14世は米マサチューセッツ州の大学での講演で、今後数年以内の完全な“引退”を表明した。これは、「チベット問題」に関する政治的な役割の引退を意味したもので、引退後もチベット人民を支援し、文化、環境保護の闘いは続けるとのこと。

ついに、ダライ・ラマが第一線から退く日が具体的に近づいてきた。様々な思いが脳裏を過るー

ダライ・ラマと出会ったのは今から8年前、1999年の4月。私はドキュメンタリー制作のため、単身、インドのチベット難民コミュ二ティー(ダラムサーラ)で3ヶ月に渡る難民の取材をしていた。幸運にも、ダラムサーラを去る正にその日の午前中にダライ・ラマとの単独インタビューの機会に恵まれたのだ。インタビュー後、知り合いの僧侶からその日がちょうど「ブッダジャヤンティ(仏陀生誕祭)」の日と聞かされ、“Living Buddha”(=ダライ・ラマ)との不思議な「縁(カルマ)」を感じた(ダラムサラーでの取材についてはこのページで)

ダライ・ラマとの「縁」を感じたのは、インタビューの日が「仏陀生誕祭日」だったからだけではない。

それから更に12年遡る1987年、私はチベットを旅していた。目の前に聳え建つのは世界最大の宮殿-ポタラ宮。歴代ダライ・ラマの住まいであると単に知ってはいた。しかし、ポケーっとただただそのスケールに圧倒されるばかりで、現ダライ・ラマがそこから居なくなった経緯、チベット人達が被っている苦悩など、その時は想像すら及ばなかった。ただ、ポタラ宮内部の今にも異次元へと飲み込まれそうな漆黒の闇にうっすらと浮かぶ仏像群を見た瞬間、「ダライ・ラマにいつか御会いしたい」との純粋な思いが湧き上がってきたのだ。

(『ダライ・ラマ回想(2)』へ続く)



テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2007/05/31 01:18】 | ダライ・ラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。