東北地方太平洋沖地震
Mar. 14, 2011

先週3月11日(金)に東北地方太平洋沖地震が発生した。マグニチュード9.0という世界観測史上最大級の凄まじい大地震。私は東京で仕事をしていて酷い揺れに襲われ、遂に首都直下型地震が来たのかと覚悟したほどだ。

発生から4日が経ち、被害状況が次々と明らかになっている。テレビに映し出される大津波に破壊された街の悲惨な光景や泣き崩れる被災者の姿にただ言葉を失うばかり・・・。これまでにバングラデシュのサイクロン被害など凄惨な災害現場を取材してきたが、これほどの光景は見たことがない。福島第一原発の事故も予断を許さない。

今日現在、既に死亡・行方不明者は4000人以上、安否不明は2万人に上っている。私の宮城の友人・知人の安否も未だに不明。とにかく無事を祈るだけだ。

チェーンメールを初め、真偽の分からない様々な情報が錯綜している。こんな時だからこそ、一人一人が一層冷静に情報に接し状況を見極めるべきだ。居ても立っても居られずに現場でボランティア活動に従事したいと願う人も数多くいる。だが、今は控えるべきだろう。現場は未だに非常に混乱し受け入れ態勢は整っていないし、しかも余震が続いている。原発事故による放射能拡散被害もどうなるのか全く読めない。善意の気持ちは良く分かる。しかし、特にアマチュアの軽率な行動は事故(二次災害)などに繋がる恐れもあり、かえって被災者や救援にあたっている関係者の迷惑になりかねない。先ずは募金・寄付から始めよう。今後、復旧・復興に向けてお金は幾らでも必要だ。窓口を幾つか:
*http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
*http://www.peace-winds.org/
*http://www.groupon.jp/cid/7995/

世界各国から支援の声が寄せられている。私の方にも外国の友人・知人から続々と安否確認と応援のメール・電話が届いている。ありがたい。今正に、日本や日本人の底力や真価が問われている。日本が世界における真のリーダーになるためにも、この大震災を機に、社会のあり方や意識を根本的に変えていく必要があると思う。

改めまして、被害にあわれた地域の皆様に謹んでお見舞い申し上げますと共に、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対して深くお悔やみを申し上げます。一日も早く笑顔を取り戻されることを心よりお祈り致します。共にこの困難を乗り越えて行きましょう。再び必ず「光」を見出せると信じます。

スポンサーサイト

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

【2011/03/14 21:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『大震災とチベットの焼身自殺』 | ホーム | 「チベット大震災」への支援のお願い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kunihimali.blog105.fc2.com/tb.php/31-2c16f59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |