スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「暴力」には「非暴力」を
Mar. 19, 2008



予想通りというか、いつも通りと言うか、“チベット騒乱”に関し中国政府は連日常套句を繰り返している。全く、唖然とする稚拙さ。これが本当にオリンピックのホスト国の政府の対応だろうか?

中国首相・温家宝みずから、全国人民代表大会(=国会に相当)でダライ・ラマを名指しで非難した。「ダライ集団が組織し綿密に策動し扇動して起こした事件」「ダライ集団の独立を求めず和平対話をするとの標榜が全くの嘘だと露呈した」これに対し、ダライ・ラマも「私が策動したか否か、国際機関に調査してもらえばよい。どちらが嘘つきか証明されるだろう」と応酬した。

これで、2002年に再開され非公式に行われていたチベット亡命政府と中国政府間の交渉は事実上完全に決裂したと言えるだろう。実際、交渉は当初より進展していなかった。「独立の主張放棄 及び チベット、台湾が中国の不可分の領土であると承認」とする交渉の前提条件を中国政府は亡命政府に突きつけている。独立は放棄したものの、後者を亡命政府は承認していない。はなから交渉は進展するはずも無かったのだ。

折しも、並行して中国政府は「青藏鉄道」の建設を着々と進めていた。「ダライ・ラマとの対話を始めていない」といった国際社会の批判を巧みにかわし、鉄道建設のための時間を稼ぐ。中国政府の何たる狡猾なことか...

***************************

“チベット自治区”のラサの騒乱は、青海省や甘粛省など、中国に併合される以前のチベットの各地に飛び火している。中国政府は情報管制を敷き、国際社会の非難には全く耳を貸さずに徹底的に武力鎮圧する構えだ。89年の騒乱を鎮圧した時と全く同じ強硬手段。今回は「北京オリンピック」という“弱み”を握られてはいるが、今のところ強硬路線堅持の構えで国際社会への歩み寄りはみられない。

一方、ダライ・ラマは、「チベット人による暴動が更に拡大し収拾不能となるなら、(チベットの政治指導者としての地位を)退位する」と述べた。さらに「暴力にかかわるな」「暴力は自殺行為だ」と訴え、支持者や信者に非暴力を貫くよう求めている。確かに、暴力は自殺行為に他ならない。暴力は、より大きな暴力により押さえつけられることは歴史が証明している。暴力によっては状況は改善も進展もしないことは、「パレスチナ問題」一つをとっても明らかだ。取るべき手段は非暴力しかない。

だが、今回の抗議行動は果たして暴力だろうか?断片的に流れてくる映像を見る限り、一部の暴徒を除き、チベット人の大多数は集団を組んでデモ行進をするか、中国国旗をチベット国旗に掲げ代えているだけに見える。又、世界の支持者の行動も基本は上記と同じだ。先の記事で書いたが、ダライ・ラマも尊敬し模範とするガンジーの闘争より判断するなら、彼らの行動はダライ・ラマが言う様な暴力行為ではなく許容範囲内の「非暴力」アクションだと感じるのは私だけだろうか?

***************************

緊迫した状況の中、ダライ・ラマは“身内”の非難にも晒されている。「チベット青年会議(TYC)」の議長、ツェワン・リグジンは、「ダライ・ラマの姿勢には同意しない」と述べ、亡命政府指導部に路線変更を求めている。TYCはチベットの若い世代で構成され全世界に3万人以上の支持者を有するNGO。一貫して中国からの独立を主張し、強硬な平和デモ行進、ハンガーストライキなどを組織している。99年に当時のTYC議長にインタビューした際、「我々チベット人は慈悲を教えるために難民になったのではない。チベットの独立を勝ち取るためだ」と既に暗にダライ・ラマの姿勢・政策を批判していた。TYCのみならず、作家としても世界的に著名なチベット人知識人・ジャムヤン・ノルブもインタビューでダライ・ラマを激しく非難。彼は「Rangzen Chater(独立憲章)」と名づけた小冊子を表し難民社会及び国際社会に”独立政策”の正当性を訴えている。

この“独立派”の言い分に対して、以前(99年)の単独インタビューでダライ・ラマは涙をうっすら浮かべてこう語った。

「難民社会だけではなく、チベット内でも(独立を放棄した)私の政策に反対する者が大勢いることは知っています。心情は良く分かります。だが、中国が対話を拒み、チベット政策が厳しさを増している現状で、一体どうすれば良いのでしょう? 彼ら(“独立派”)の意見には未だ具体性がありません。将来に向けた“青写真”を示して欲しいのです。」

* **************************

先の記事にも書いたが、ことここに至っては、ダライ・ラマは、中国政府はまともに対話出来る相手ではなく「チベット問題」を真摯に交渉する意図などないと諦め決断し、「原点(=独立政策)」に戻るべきではないのか。

ダライ・ラマは、「チベットの中国からの独立は現実的ではない」と言う。では、“共産党独裁政権”との共存は現実的なのだろうか? 自国民の切なる自由への言動を武力によりためらいも無く蹂躙する政府と共存することが果たして現実的だと言えるのか? それが、ガンジーを模範とし非暴力を標榜する者の言い分とはとても思えない。イギリスの「将来的に必ず自治権を与える」という申し出をガンジーは決然と断り、独立を主張し続けたではないか。

もし、いずれもが不可能なようならば、死んで行った者も含め、チベット人の大多数が切望してやまないチベットの大義である「独立」を選択するのが筋ではないのか。その時初めて、チベット人や支援者の心(思考)と行動は統一され、大きな力となって膠着した状況を大きく動かすに違いない。今は、全てが中途半端、ばらばらである。

**************************

前回に紹介したガンジーが示したビジョンに基づき、「チベット問題」を将来の世界平和の礎となる「問題」と位置づけ、非暴力による解放(独立)をダライ・ラマ自らが宣言すべきだと思う。それには、先ず、ブッシュの「暴力政策」を容認し世界を暴力と憎しみと恐怖の渦に巻き込んだアメリカ議会からもらったメダルなど返還するべき。非暴力のシンボルたる者、いかなる権力にも近づいてはならない。これは、ガンジーが示した“鉄則”でもある。そして、87年に米議会で提案した「チベット高原アヒンサー(非暴力)地域 構想」に沿って具体的な非暴力戦略を国際NGOと共に練る。ダライ・ラマを批判していた“独立派”が中心的な役割を担わねばならないのは言うまでもない。計り知れないダライ・ラマの重責を分担するのだ。

これまでに幾度となく繰り返して述べてきたが、この「闘い」は、チベット人だけではなく、中国人(漢族)を含む虐げられている全ての人間のための闘いだ。

87年、私は大学生として中国・チベットを独り旅した。中国語もチベット語も全然出来なかったが、深い興味に突き動かされる様に、デカイ登山用のザックを背負い各地を訪ね歩いた。幸いにも、その先々で中国人(漢族)、チベット人にかかわらず、色々な人々に助けられ温かなもてなしを受けた。その思い出は今でも鮮明に蘇るし、数々の恩は決して忘れない。その旅で、チベット人、同室になった英国人バックパッカーより「チベット問題」を知った。そして、仲良くなった中国人の鉄道員を通じて中国共産党の腐敗、非道を知った。多くの一般市民が虐殺された「天安門事件」の2年前のことだ。

だから、「チベット問題」の解決を通じて、チベット人と中国人が本当の意味での「共存共栄」を実現して欲しいと心より願っている。

改めて、ガンジーが語った言葉を(“インド”の箇所を“チベット”に変えて)記したい:

もし、チベットが非暴力の手段によって自由をとりかえすことに成功したならば、チベットは、自由のために闘っている他の民族にメッセージを送ったことになるだろう。いや、おそらくはそれ以上に、世界平和にとって未だ知られていない最大の貢献を果たしたことになるだろう


スポンサーサイト

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2008/03/19 23:38】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<「犀の角のように」 | ホーム | ”チベット騒乱”ー 非暴力で蒙を啓け>>
コメント
チベット民族の中国政府への抵抗は発端だったラサが鎮圧された後周辺各省へ広がりを見せている。中国政府は「ダライラマ一派」による「国家分裂」を狙った行動と声高な非難を続けているが、それは事実と異なる。過去から今日までダライラマが求めているのは中国憲法に明文化されている「高度な自治」の実現である。つまり「独立」を求めてはいないということである。他方中国内のチベット民族や亡命中のチベット人の中には、ダライラマの主張とは異なり「独立」を志向する人々が多数存在することも事実である。四川省で一人のチベット僧侶を取材した共同通信の記者は僧侶が「目的は独立だ」と述べたと配信している。

実はここにチベット問題の困難さの一端がある。精神的支柱であるダライラマは仏教徒の指導者として「非暴力」を常に主張してきた。過去の流血惨事の際にも一度たりとも行動を喚起するメッセージを発したことは無い。自身はチベット問題解決のために高齢(72歳)にもかかわらず積極的に諸国を訪問し常に「非暴力」での問題解決を訴えている。日本、ロシアを除く主要先進国の国家元首と会談を重ね外交努力での問題解決を模索している。実は日本にも亡命政府の大使館的役割を担った「ダライラマ法王日本代表部事務所」がある。

中国の民族問題は長きにわたり日本国内では皇室問題同様メディアにとっては「扱い禁止(放送禁止)」に近い問題であった。台湾については中国政府が「領土の一部だ」と主張しようとも台湾で完結した統治がなされているため、日本政府も表向きは「一つの中国」として国家として承認していないものの現実的には経済、政治両面で深い関係にある。他方チベット、モンゴル等中国領土内での民族問題については外交レベルであっても「内政干渉」の一言で片づけられてしまい、それを取材しようと試みる大手メディアにはビザが下りないし、報道関係の中国駐在員の中には民族問題を扱ったため国外退去になった人もいる。次第に関心自体が低下する中で時間が経過し、取材できなのだから報道出来るはずもなくしたがって多くの日本人はこの問題についての知識が乏しかったとも言える。しかし少数ではあるがチベット難民を深く掘り下げる仕事をしているフリーのジャーナリストもいる。

更に言えば「チベット問題」は長きにわたり日本国内では右寄りの人々の占有領域であった。共産主義に反対する立場からチベット問題を支えるという構造が長く続き、市民運動や民主化運動に関心のある人々からはやや距離が置かれてきたことは事実である。ことチベット問題をに関しては現時点でもどちらかといえば護憲政党などよりも、自民党や民主党に関わりを持つ人間が多い。前述の「ダライラマ法王日本代表事務所」初代代表は先の参議院選挙に国民新党から立候補したペマギャルボ氏であった。日本で選挙に出るということは帰化されたのであろうが、氏は「代表事務所」代表在任中に公金を横領し、ダライラマからその職を解かれ(解雇)亡命政府からは追放されている。現在も大学教員であり、先日は安倍前首相などとチベット問題を語っていたらしいが、このような現象に象徴される日本におけるチベット難民問題の過去があったということはあまり知られていない。難民の代表たる亡命政府の中にも様々問題があることは事実である。
 難民にとっては支援者が右翼であれ左翼であれ、「生き残る」ことがまず前提であるから、我々は軽々しく批判は出来ないし、日本の非右派勢力が長きにわたりこの問題を無視していたことも反省を求められるであろう。事は単純ではなく、きれいごとでもないのである。パレスチナと異なり住む土地それ自体を奪われた民族が他国で「亡命政府」を樹立し敢えて「独立」を口にせずに問題の解決を目指すというのは、甚だ困難な道のりであるに違いない。

ダライラマは数年前から口にしていた政治的引退を更に進める形で「この事態が収束しないならば私は政治の表舞台から引退する」と先日語った。「非暴力」により問題を解決しようとする仏教指導者の方向性が現実の強力な中国政府に実効力をもちうるのかどうか。目が離せないと同時に我々も他人事としてではなく、隣国での惨事にどう自分が関われるのかを考察する必要があのではないだろうか。

田中氏はダライラマの「非暴力」のあり方に対して、実に真摯な疑問を投げかけておられる。その文体からは「怒り」さえ感じられる。長期間にわたりチベット難民を取材、研究するのみならず深く仏教を学びダライラマ本人がたびたび言及するガンジーの思想へ深い共感を持つ田中氏にとってダライラマの「言行不一致」は致命的なものだと度々言及されている。「悪の枢軸」ならぬ「悪の中枢」であるブッシュに無批判であるばかりか過剰に卑下しているようにすら見えるダライラマを批判するのは全く持って妥当であり、それはダライラマが起こしてくれるであろう行動、いや起こしてほしい発信してほしいメッセージとまるきり逆な言動に終始するダライラマへの激励ととらえても良いかもしれない。
このブログで書かれているダライラマについての田中氏の文章は、あるいは「過激」と受け取られる向きがあるかもしれないが、ジャーナリストは評論家ではなく人格を持った個人であり、またフリーランスでの作品製作とは取材対象が何であれ取材者本人の姿が投影されるものだ。本ブログ読者には是非田中氏渾身の作品「チベット難民ー世代を超えた戦い」をご覧になることを強くお勧めする。
何冊も本を読むよりも100分余りでチベット問題の本質が適格に理解されよう。
【2008/03/22 19:50】 URL | 読者より #-[ 編集] | page top↑
一意見
何か前のコメントはアッテンさんのように感じるが。違ったら失礼。
長年、チベットに関わって知識もある方に対してはそれこそ失礼な物言いとも思うが、全体的に何か甘さを感じてしまう。
チベットが相手をしているのは銃口から国土を拡張し、原爆開発によって恫喝の手段を作った国だということ。
「青藏鉄道」にしてもチベットが今回の北京五輪でのコースであるように中国の領土を世界により認識させる為に、地図上に中国を印象付ける意味もあるし、通常はチベットの資源の輸送の為、またチベット人に回らない外貨稼ぎの為、有事の際は、緊急大量軍、軍事物資輸送の為とも言えると思う。
ダマイ・ラマにしても本心は当然、独立国を希望しているだろうが、現実的に不可能と考えての高度の自治という発言になる。
誰が侵略者を本心で認めたいものか。
満州、内モンゴル、東トルキスタン、チベットと段々と中国に取り込まれて行くので、この騒動で欧米の力を借り、高度な自治に向えるか、中国に国際社会が押し切られて中国化が加速するかというところだと思う。
【2008/03/25 23:07】 URL | 6 #-[ 編集] | page top↑
非暴力という理想論
はじめまして。
チベットに独立して欲しい立場の者のコメントとしてお聞き下さいませ。

私は、ずっと非暴力を支持していましたが、3月の騒乱以降は逆に武力しか解決の道はないのではという方向に傾いています。理由はやはり、中国が独立、自治を認めるわけがないからです。あと一つは、非暴力という解決方法が、自分の状況を考えるとあまりにも非現実的であることに気がついたからです。命は尊いからいかなる場合でも人を殺すのはよくないから死刑制度廃止といいながら、無差別殺人が起これば正当防衛なら犯人を射殺して被害者を助けるべきといってみたりとなんとも支離滅裂。身近で暴力犯罪が起きれば警察官に武力をもって退治して欲しいと願うかと思えば、平和は尊いから軍はいらないという。では、他国の兵士が侵攻してきたら誰が助けてくれるのか?国民一人一人が包丁やトンカチをもって戦えとでもいうのか?

我々はあまりにも平和だから、武力について考えたことがないのかもしれない。だから簡単に非暴力などといえてしまう。自分の身にふりかかったら、普通の人は暴力には暴力で対抗しますよ。法律でもそれは許されているわけですから。だから、武力で解決をというのは間違ってはいないと思う。半世紀も解決できなかったのだから、以前のお考えも決して間違ってはいないと思いますよ。結局、チベット問題を支えてきたのは、仏教徒の暴力的事件であることは事実なのですし。

また、ダライ・ラマへの指摘も適切だと思います。彼が変えられるのは人の利害関係のない人の心だけ。そんな現実を見ていて、最近は武力行使なくして、チベット問題の解決はないと思うようになってきました。非暴力に賛同する人には、日常でも警察という武力団体に頼らずに精神的に解決することにトライして欲しいです。警察がそれをやったら、大問題だと思うけど。
【2008/05/10 11:31】 URL | 鶴 #FF3H9HIM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kunihimali.blog105.fc2.com/tb.php/20-f69264b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。