スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「暴力」には「非暴力」を
Mar. 19, 2008



予想通りというか、いつも通りと言うか、“チベット騒乱”に関し中国政府は連日常套句を繰り返している。全く、唖然とする稚拙さ。これが本当にオリンピックのホスト国の政府の対応だろうか?

中国首相・温家宝みずから、全国人民代表大会(=国会に相当)でダライ・ラマを名指しで非難した。「ダライ集団が組織し綿密に策動し扇動して起こした事件」「ダライ集団の独立を求めず和平対話をするとの標榜が全くの嘘だと露呈した」これに対し、ダライ・ラマも「私が策動したか否か、国際機関に調査してもらえばよい。どちらが嘘つきか証明されるだろう」と応酬した。

これで、2002年に再開され非公式に行われていたチベット亡命政府と中国政府間の交渉は事実上完全に決裂したと言えるだろう。実際、交渉は当初より進展していなかった。「独立の主張放棄 及び チベット、台湾が中国の不可分の領土であると承認」とする交渉の前提条件を中国政府は亡命政府に突きつけている。独立は放棄したものの、後者を亡命政府は承認していない。はなから交渉は進展するはずも無かったのだ。

折しも、並行して中国政府は「青藏鉄道」の建設を着々と進めていた。「ダライ・ラマとの対話を始めていない」といった国際社会の批判を巧みにかわし、鉄道建設のための時間を稼ぐ。中国政府の何たる狡猾なことか...

***************************

“チベット自治区”のラサの騒乱は、青海省や甘粛省など、中国に併合される以前のチベットの各地に飛び火している。中国政府は情報管制を敷き、国際社会の非難には全く耳を貸さずに徹底的に武力鎮圧する構えだ。89年の騒乱を鎮圧した時と全く同じ強硬手段。今回は「北京オリンピック」という“弱み”を握られてはいるが、今のところ強硬路線堅持の構えで国際社会への歩み寄りはみられない。

一方、ダライ・ラマは、「チベット人による暴動が更に拡大し収拾不能となるなら、(チベットの政治指導者としての地位を)退位する」と述べた。さらに「暴力にかかわるな」「暴力は自殺行為だ」と訴え、支持者や信者に非暴力を貫くよう求めている。確かに、暴力は自殺行為に他ならない。暴力は、より大きな暴力により押さえつけられることは歴史が証明している。暴力によっては状況は改善も進展もしないことは、「パレスチナ問題」一つをとっても明らかだ。取るべき手段は非暴力しかない。

だが、今回の抗議行動は果たして暴力だろうか?断片的に流れてくる映像を見る限り、一部の暴徒を除き、チベット人の大多数は集団を組んでデモ行進をするか、中国国旗をチベット国旗に掲げ代えているだけに見える。又、世界の支持者の行動も基本は上記と同じだ。先の記事で書いたが、ダライ・ラマも尊敬し模範とするガンジーの闘争より判断するなら、彼らの行動はダライ・ラマが言う様な暴力行為ではなく許容範囲内の「非暴力」アクションだと感じるのは私だけだろうか?

***************************

緊迫した状況の中、ダライ・ラマは“身内”の非難にも晒されている。「チベット青年会議(TYC)」の議長、ツェワン・リグジンは、「ダライ・ラマの姿勢には同意しない」と述べ、亡命政府指導部に路線変更を求めている。TYCはチベットの若い世代で構成され全世界に3万人以上の支持者を有するNGO。一貫して中国からの独立を主張し、強硬な平和デモ行進、ハンガーストライキなどを組織している。99年に当時のTYC議長にインタビューした際、「我々チベット人は慈悲を教えるために難民になったのではない。チベットの独立を勝ち取るためだ」と既に暗にダライ・ラマの姿勢・政策を批判していた。TYCのみならず、作家としても世界的に著名なチベット人知識人・ジャムヤン・ノルブもインタビューでダライ・ラマを激しく非難。彼は「Rangzen Chater(独立憲章)」と名づけた小冊子を表し難民社会及び国際社会に”独立政策”の正当性を訴えている。

この“独立派”の言い分に対して、以前(99年)の単独インタビューでダライ・ラマは涙をうっすら浮かべてこう語った。

「難民社会だけではなく、チベット内でも(独立を放棄した)私の政策に反対する者が大勢いることは知っています。心情は良く分かります。だが、中国が対話を拒み、チベット政策が厳しさを増している現状で、一体どうすれば良いのでしょう? 彼ら(“独立派”)の意見には未だ具体性がありません。将来に向けた“青写真”を示して欲しいのです。」

* **************************

先の記事にも書いたが、ことここに至っては、ダライ・ラマは、中国政府はまともに対話出来る相手ではなく「チベット問題」を真摯に交渉する意図などないと諦め決断し、「原点(=独立政策)」に戻るべきではないのか。

ダライ・ラマは、「チベットの中国からの独立は現実的ではない」と言う。では、“共産党独裁政権”との共存は現実的なのだろうか? 自国民の切なる自由への言動を武力によりためらいも無く蹂躙する政府と共存することが果たして現実的だと言えるのか? それが、ガンジーを模範とし非暴力を標榜する者の言い分とはとても思えない。イギリスの「将来的に必ず自治権を与える」という申し出をガンジーは決然と断り、独立を主張し続けたではないか。

もし、いずれもが不可能なようならば、死んで行った者も含め、チベット人の大多数が切望してやまないチベットの大義である「独立」を選択するのが筋ではないのか。その時初めて、チベット人や支援者の心(思考)と行動は統一され、大きな力となって膠着した状況を大きく動かすに違いない。今は、全てが中途半端、ばらばらである。

**************************

前回に紹介したガンジーが示したビジョンに基づき、「チベット問題」を将来の世界平和の礎となる「問題」と位置づけ、非暴力による解放(独立)をダライ・ラマ自らが宣言すべきだと思う。それには、先ず、ブッシュの「暴力政策」を容認し世界を暴力と憎しみと恐怖の渦に巻き込んだアメリカ議会からもらったメダルなど返還するべき。非暴力のシンボルたる者、いかなる権力にも近づいてはならない。これは、ガンジーが示した“鉄則”でもある。そして、87年に米議会で提案した「チベット高原アヒンサー(非暴力)地域 構想」に沿って具体的な非暴力戦略を国際NGOと共に練る。ダライ・ラマを批判していた“独立派”が中心的な役割を担わねばならないのは言うまでもない。計り知れないダライ・ラマの重責を分担するのだ。

これまでに幾度となく繰り返して述べてきたが、この「闘い」は、チベット人だけではなく、中国人(漢族)を含む虐げられている全ての人間のための闘いだ。

87年、私は大学生として中国・チベットを独り旅した。中国語もチベット語も全然出来なかったが、深い興味に突き動かされる様に、デカイ登山用のザックを背負い各地を訪ね歩いた。幸いにも、その先々で中国人(漢族)、チベット人にかかわらず、色々な人々に助けられ温かなもてなしを受けた。その思い出は今でも鮮明に蘇るし、数々の恩は決して忘れない。その旅で、チベット人、同室になった英国人バックパッカーより「チベット問題」を知った。そして、仲良くなった中国人の鉄道員を通じて中国共産党の腐敗、非道を知った。多くの一般市民が虐殺された「天安門事件」の2年前のことだ。

だから、「チベット問題」の解決を通じて、チベット人と中国人が本当の意味での「共存共栄」を実現して欲しいと心より願っている。

改めて、ガンジーが語った言葉を(“インド”の箇所を“チベット”に変えて)記したい:

もし、チベットが非暴力の手段によって自由をとりかえすことに成功したならば、チベットは、自由のために闘っている他の民族にメッセージを送ったことになるだろう。いや、おそらくはそれ以上に、世界平和にとって未だ知られていない最大の貢献を果たしたことになるだろう


スポンサーサイト

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2008/03/19 23:38】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
”チベット騒乱”ー 非暴力で蒙を啓け
Mar. 18, 2008

Dalai Lama 1

3月14日、チベットのラサで僧侶を中心とするチベット民衆による大規模なデモが起こった。チベット亡命政府は、17日現在、80名の死亡と70名以上の負傷者を確認しているとう。1989年以来、最大級のデモだ。

今回の「デモ」は、2001年のIOC(国際オリンピック委員会)の総会で2008年のオリンピックが北京に決まった瞬間から既に始まっていた。

当然の如く、私のチベット難民の友人達の誰もがこの決定に憤っていた。「チベット人のみならず自国の民(漢族)の人権をも平気で蹂躙する実質的な“独裁国家”が平和の祭典であるオリンピックを開催する資格などあるのか?」、年配のチベット人は落胆して言った。この言葉一つにしても他の多くのチベット人の本心を端的に代弁している。チベット難民のみならず大多数のチベット人はチベットの真の解放、即ちチベットの独立を希求しているのは疑いない。ゆえに、チベット人がこのオリンピックを容認出来るはずも無い。オリンピックをターゲットとした抗議行動が起こるのは必然だった。

この間、中国政府は「チベット統治政策」の最大の悲願であった「青藏鉄道」を遂に完成させ、中国本土とチベットの都・ラサとを繋いだ。いわゆる“チベット自治区”のラサでは中国人(漢族)とチベット人(族)との人口比率は既に逆転していたが、鉄道開通によりその状況は更に加速。その傾向はチベットの他の地域へも波及していく勢いだ。「チベット人は中国人や外国人観光客の“ペット”に成り下がっている」とチベット人知識人・ジャムヤン・ノルブは以前吐き捨てた。

ダライ・ラマは漢族移民のチベットへの流入を中国政府による、"cultural genocide(文化的大量殺戮)”と呼んで長年懸念し非難していた。実際、ラサだけではなく、チベットの至るところが年々”中国化”し、しかもチベット族と漢族との間の経済格差は広がっている。加えて、宗教・文化弾圧政策は厳しさを増していた。様々な状況がチベット人の反中国感情を更に刺激していたのだ。

昨年、9月、チベット難民の若者とアメリカ人サポーターがチョモランマのベースキャンプで抗議行動を行った。中国政府はチベット人が“母なる女神”と崇敬して止まないチョモランマに聖火を持って上がるという。チベット統治を正当化且つ既成事実としたい意図は見え見えだ。そんな冒涜は絶対に許せないと彼らは怒りの叫びを挙げたのだ。掲げた横断幕には(北京オリンピックのスローガンをもじって)次の様に書かれていたー「ONE WORLD ONE DREAM FREE TIBET 2008 (“ 一つの世界”“一つの夢”“2008年、チベットに自由を”)」。(この映像を「Youtube」で見ることが出来る)

今年1月、チベット難民のNGOがインドのダラムサーラ(難民コミュニィティー)からチベットに向けての大規模な平和行進計画を発表。3月10日(59年の中国のチベット不当支配に反発したチベット民衆による一斉蜂起を記念した「民族蜂起の日」)に歩き始めたが、3日後の13日にインド警察により阻止され100人が拘束された。

同10日、チベットで僧侶と尼僧がデモ行進を行い中国当局に武力鎮圧された。しかし、デモは他の僧侶、民衆が加わり拡大過激化し騒乱となる。僧侶の中にはハンガーストライキや自殺を図って抗議する者もいたという。

中国当局は「ダライ・ラマ一味の画策だ。証拠がある。」と言っているが、全く根拠は無い。今までにも同じ言い分を繰り返してきた。しかし、具体的な証拠を示したことなどないのだ。程度の低い常套句、欺瞞。実際は民衆が自発的に行ったものだ。あるいは、内外のチベット人同士で何らかのコンタクトがあったのかもしれない。インターネットを初め通信網が発達した現在、チベットにもあらゆる情報が入ってくるし、チベット内外の連絡も技術的には難しいことではない。当局が全ての情報を検閲するなど事実上不可能だ。

いずれにせよ、ダライ・ラマは関与していないことは明白。「チベットの独立を求めない。北京オリンピックを支持する。」と表明し、チベット亡命政府の特使が中国政府と水面下で接触している状況下、あえて関係をこじらせる様な事態を自ら招き寄せることがあるだろうか? “大国”にしては、当局の言い分は余りに稚拙だ。

***************************

さて、デモ行進、横断幕による抗議声明、ハンガーストライキなど、先に述べた一連の抗議は全て“非暴力抵抗運動(活動)。” ダライ・ラマが敬愛し模範とする非暴力のシンボル・マハトマ・ガンジーの闘争の歴史(思想・活動)を見れば直ちにそのことを理解出来るはず。14日の騒乱では当局の武力鎮圧に反発し一部の僧侶・民衆が暴徒化し投石や焼き討ちを行ったとはいえ、それとて、もとは10人ばかりの僧侶と尼僧による平和デモ行進なのだ。

ダライ・ラマは常々「非暴力」の大切さを説きこう言っているー「非暴力とは、単に暴力を用いないということではありません。もっと積極的で大きな意味を持つものなのです」 つまり、非暴力は権力や不当な暴力に対する「不服従」の行動と“一対”だということ。(この二つの要素が合わさって初めて効力を発揮する。)ガンジーはこのことをはっきりと思想として表明し、行動により証明した。受け身で心情的な「平和主義」とはこの点が明らかに違う。

非暴力 武器を持たない闘士たち』の著者・マーク・カーランスキーの言葉で補足説明すれば、

「非暴力とは相手を説得する手段であり、政治的行動のテクニックであり、相手に打ち勝つ方法。」「平和主義は相手の行動にどう対応するかを考えるが、非暴力主義は自分の方からどう行動するかを考える。」

近年、ダライ・ラマの言動が「非暴力」に一致しなくなってきていることは、以前の記事(『ダライ・ラマ回想』・『非暴力と権力』)で書いた通り。「非暴力は大切」だと語る一方、それを現実の社会に具体的に落とし込んでいくアクションがない。しかも、武力(暴力)政策を基盤とするアメリカよりメダルを受けたりなどしているのだ。

対照的に、ガンジーは大英帝国からのインド解放(独立)のために、大国の力など借りず、「サティヤーグラハ(「真理の力」)の名の下に平和行進・ハンガーストライキ・不買運動・非協力抗議活動など様々な非暴力運動を絶えず率先して展開し、「非暴力」の具体的な実践方法を示した。

もし、インドが非暴力の手段によって自由をとりかえすことに成功したならば、インドは、自由のために闘っている他の民族にメッセージを送ったことになるだろう。いや、おそらくはそれ以上に、世界平和にとって未だ知られていない最大の貢献を果たしたことになるだろう

こう述べたガンジーには、インドの解放を通じて人類全体にとっての普遍的な課題を克服しようとする壮大なビジョンがあった。

本来、「チベット問題」も、”中国国内の少数民族問題”、”中国政府とチベット亡命政府間の政治問題”、”宗教と共産主義の確執”、”人権問題”などの小さな枠組みではなく、ガンジーが示した様な観点から捉えるべき問題だと私は以前から考えている。

1989年にノーベル平和賞を授与される以前、独立政策を放棄して間もないころ、ダライ・ラマもそうしたビジョンを未だ持っていたはずだ。その証拠に、友人が1988年に彼と謁見した際、「この非暴力による闘いは、地球上での一つの実験だ」と述べている。更に、前年の1987年には、米議会にて、チベット高原全体をアヒンサー(非暴力)地域にしようと呼びかけている(「チベット高原アヒンサー地域構想」)。その構想は、実際、チベットの解放(=独立)なくして成り立つものではない。

***************************

繰り返しになるが、チベット人・難民の大多数はチベットの独立を望んでいる。平和行進でも、ハンガーストライキでも、不買運動でも、老若男女、彼らが掲げるスローガンは「独立」。そこにあるのは「チベットはチベット人に属すものであり、チベットはその伝統文化や自然環境により世界平和に貢献出来る」との確信なのだ。

「チベット独立など非現実的」と言う者が多々いる。だが、大英帝国からのインド独立など当時誰が予想しえたか? ベルリンの壁の崩壊、ソ連の消失は? この世に非現実的なことなど実際にはない。歴史を紐解けば、不可能を可能にした背景には非暴力に基づく市民の確固たる決断が常にある。人間の自由を求め実現しようとする本質的な欲求を暴力により押さえつけることは出来ない。

アメリカに比肩する政治・経済・軍事大国となった中国。その政府に誰も正面から「NO!」と言わないし、言えない。しかも、「チベット問題」は政治・社会・人権・宗教・文化・アイデンティティ、経済、自然環境など様々な問題が内在している。非暴力の可能性を実践する「場」として、正に、この上ないではないか。

これは偏にチベット人の闘いではない。中国人(漢族)を含めた苦悶する人類全ての闘いなのだ。しかしながら、“最前線”で闘うのはあくまでチベット人。負傷者や犠牲者は避けられないだろう。元来冗談と歌が大好きな愛すべきチベット人達が蹂躙されるのは胸が張り裂ける思いだ。だが、それが、チベットを解放し、ひいては社会(世界)を変革させるための彼らのミッションなのだとすれば、仕方がない...

ガンジーは現実の例を引き合いに出し語っているー

侵略者たちにあなたがたの屍の上を歩かせてやればよい...あなた方は蹂躙されるがままになりながら、なおも自らの義務を果たすことになるのだ...非暴力は厳しいもの...非暴力は決して弱者の武器として思いついたものではなく、この上もなく雄々しい心を持つ人の武器として思いついたものです

ガンジーの言葉を持ち出すまでもなく、チベット人たちは既に決断している。99年に300キロの道のりを共に歩いた平和行進のメンバー達を多数インタビューしたが、皆、「チベットの大義のために殉ずる覚悟がある」と、こちらが少々たじろぐほど真剣に決意を語った。その瞳に少しの心の“ぶれ”も感じられなかった。

壮大なビジョンと慈悲に基づく非暴力運動を大いに展開する時期に来ている気がする。個々の抗議活動はどこか人間性を高める宗教の修行のようだ。ハンガーストライキは「瞑想」、平和デモ行進は「歩く瞑想」、そしてスローガンの叫びは「マントラ(真言)」...

今こそ、ガンジーがインドの民衆の先頭に立った様に、ダライ・ラマ法王、その先頭に立つべきだ。ガンジーの「塩の行進」の如くあなたが民衆と共に座り、歩いたならば、その姿に「魂」を揺さぶられない者はいないだろう。言葉のみでは人は動かない。「非暴力はお説教のできるものではなく、常に実践されねばならない」(ガンジー)国際社会の協力を仰ぐ声明も結構だが、ガンジーの如く、先ずは、あなたが決断し何らかの具体的なアクションを起こさねば何も新たに始まらないし、事態は改善されないだろう。

***************************

昨日(3月17日)は49年前にダライ・ラマが国境を越えインドへ亡命した日。国境まで彼を護衛した勇猛なカンパ族の男たちは、引き返し中国軍と闘い散った。彼らがダライ・ラマに託した思いとは何だったのか? 監獄で拷問の限りを受けて死んでいった者たち、或は、ヒマラヤで射殺された尼僧の願いとは? ガワン・サンドルは? 例外なくチベットの解放(独立)を心よりを望んでいたし、今でもそうだ。ダライ・ラマも同じ気持ちだったはずだ。

87年に独立を放棄し中国の枠内に入る方針転換(“「高度自治」獲得政策”)をしてからも、中国政府との交渉は全く進展せず、ダライ・ラマは何度となく「方針転換は間違いであったかもしれない」と真情を吐露し、しかも一貫して中国のチベット政策を非難している。ことここに至っては、中国政府ははなから「チベット問題」を真剣に話し合うつもりなど無かったと諦め結論づけ、「原点(=独立政策)」に立ち返るべきだ。それは、釈尊とガンジーの「法灯」を継ぐ者としての本来の道に戻ることでもある。

血なまぐさいアメリカ議会にメダルを返還し、87年に示した壮大なビジョン
(「チベット高原アヒンサー(非暴力)地域」構想)の下に具体的な非暴力運動を始めてもらいたい。インドの大衆がガンジーの後につき従い世界中の良識ある人々が彼を支援した様に、チベット人だけではなく世界の多くの国々、組織、市民がダライ・ラマの方針を(上辺ではなく)真剣にサポートするだろう。(現在はどこの国、組織からも正式承認されていない”チベット亡命政府”もその際に承認されるはずだ)

理不尽極まりない中国政府の「暴力」を「非暴力」により一層如実にあばき出し、迷妄な者たちの蒙を啓け! その先に必ず「独立」の願いは叶い、次世代の世界平和の礎となる「チベット高原アヒンサー(非暴力)地域」構想は実現する。

私はそう堅く信じている。

「もし、チベットが非暴力の手段によって自由をとりかえすことに成功したならば、チベットは、自由のために闘っている他の民族にメッセージを送ったことになるだろう。いや、おそらくはそれ以上に、世界平和にとって未だ知られていない最大の貢献を果たしたことになるだろう」

さあ、地球上の意義ある「実験」に加わろう。

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2008/03/18 03:52】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。