スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
チョモランマ ー“母なる女神”(2)
Jul. 31, 2007

Chomolungma


(『チョモランマ ー“母なる女神”(1)』より続き)

昨年の9月にヒマラヤで17歳のチベット人尼僧が中国軍兵士の銃弾に倒れたことは先の記事で述べた。彼女の名はKelsang Namtso。

この事件を知った時、フラッシュバックの様にあるチベット難民たちの顔が思いだされた。99年、インドで行われた「チベット問題」を訴えるピースマーチ(平和(デモ)行進)の取材で知り合った若い尼僧たちだ。300キロ余りの道程を、彼女たちは130名のメンバーの一員として、私は取材者として共に歩いた。

一般の難民が自主的に組織した初めての大規模ピースマーチ。画期的なものだった。しかし、同行取材したのは私のみ。ピースマーチに先立つダライ・ラマのスピーチには、数えきれないほどの各国の取材者が詰めかけていたのだが...。ある難民の若者が皮肉たっぷりに言ったー「表面的には『チベット問題』を真剣に考えている様な顔をしているが、その実、ダライ・ラマや己の名声にしか興味がないんだ。誰も普通の難民になど本気で振り向きはしない。結局、ビジネスだよ!」 マスコミの本質的な一面を的確に突いた言葉に、思わず苦笑してしまった。

そんな画期的且つ歴史的なピースマーチにその尼僧たちは参加したのだ。えんじ色の僧衣からのぞいた顔は未だどこかあどけない。どんな思いで参加を決意したのだろう。しかし、行進当初、牽制を感じさせる鋭い視線にたじろぎ中々聞き出せなかった。

彼女達は先頭に立って「チベットの自由」を訴えた。毎日10時間を越える行進。灼熱と埃の中で、インド人に嘲笑され、そして、いつ終わるとも知れない難民生活の不安に耐えながら...彼女たちは歩き続けた。その凛とした決意あふれる姿を私は必死になって映像に収めた。そんな真剣さが届いたのか、やがて、彼女らはこちらに笑顔をみせてくれるようになり、少しずつピースマーチへの思いを語ってくれた。

*********************

「チベットの監獄で拷問を受けました」ー 彼女達の言葉はこう始まった。

「チベットでは自由に仏教の修行が出来ません。中国が厳しく管理しているのです。ダライ・ラマ法王の写真を飾ることさえ許されません。そんな状況に抗議したくて、チベット解放の思いを歌にして歌ったのです。それが、当局の知るところとなり、投獄されました...そして、酷い拷問を受けたのです...」

皆がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患い、内の一人は、連日の殴打により左目を失明していた。

彼女達の様な、いわゆる“良心の因人”に対する過酷な拷問の数々(殴打、電流流し、食事を与えない、性的虐待など)は、Amnesty International, International Campaign for Tibetなど国際的な人権擁護団体により詳細に報告されている。

チベットの僧院は当局により厳しく監視されている。故に、彼女達は、“抗議の歌”がどういう結末(つまり、拷問)をもたらすか十分承知していた。しかし、歌わずにはいられなかったのだ...その切なる思いが“閃光”のごとく私の胸を突き刺し、絶対的な弱者に対する非人道的で下劣な行為に怒りが噴き上げてきた。

「私たちは仏教徒です。仏教では怒りは禁じられています。でも、チベットでの不当な行ないの数々に怒りを禁じ得ません...けれど、暴力を振るった監視員や他の一般の中国人を恨んでいる訳ではありません。彼らは中国政府の方針に従っているだけですから...私たちは、ただ、チベットの解放を望んでいるだけなのです」

耳を疑った。自らに不当な暴力を振るい「光」まで奪った者達を許すというのだ。悪いのはその政府、政策だと。私の如く“瞬間湯沸かし器”的大凡人には、彼女達の言葉はにわかには信じられなかった。だが、彼女たちが上辺で奇麗ごとを言っているのではないことは、その瞳を見れば明白だった。

*********************

尼僧たちの崇高な「人間性」に触れて自ずと心に湧き上がってきたのは、かつて旅したチベット含む広大なヒマラヤの光景だった。「母なる女神」・チョモランマの崇高さが彼女らの有する崇高さと重なる。

彼女達の人格形成に、ヒマラヤの大自然が寄与していることは疑いない。チベット仏教がヒマラヤと密接な関係にある事実からすれば、その修行者たる彼女達にそれが影響を与えていると考えるのが道理だ。

そして、その自然に培われた彼女達の様なチベット人の良き「人間性(魂)」が、逆に、チョモランマを初めとするヒマラヤに反映し、その自然そのものを一層豊かな魅力溢れる存在としている。

つまり、幾世代にも渡る両者の「交流」が、人間の意識と自然とが融合した「ヒマラヤ」という“世界”を創り上げたのだ。そういう意味で、ヒマラヤを単に世界最大の無機質な氷岩塊(山脈)と解釈するのではなく、人間と自然の“合作”としての「有機体(或は、意識体)」と捉えるべきだろう。「母なる女神」というチョモランマの名がそのことを象徴的に表している。

チョモランマ南側の「サガルマータ国立公園」(ネパール)は世界遺産に登録されているが、“有機体”の考えに近い見方がされているー

「エベレストを中心とする秀逸な山岳美や希少動植物のみならず、チベット文化を保持するシェルパ族(チベット系民族)の存在がこの地をより一層興味深いものにしている」(UNESCO World Heritage Centre)

*********************

自由に仏教修行を行なえる地を目指し、ピースマーチの尼僧たちは故郷チベットを離れ、愛するヒマラヤを越えた。

昨年9月に射殺された17歳の尼僧もきっと同じ境遇だったろう。5000メートルを越える厳寒の中、ヒマラヤを越えるには到底適さない粗末な服と靴だけで喘ぎ苦しみ歩きながら、ささやかな希望を胸に抱いていたはずだ。だが、彼女の夢を銃弾が無惨にも打ち砕いた。白銀の大地が鮮血で染まる...少しずつ薄らいでゆく意識の中で、彼女は誰を思ったのだろうーチベットに残してきた母親、僧院で寝食を共にした友人たち、それとも、未だ見ぬダライ・ラマか...

重度の凍傷、凍死、そして射殺。以前製作したドキュメンタリーでも報告しているが、罪なき人々の「悲劇」がヒマラヤの大地でこれまでに幾度となく繰り返されているのだ。

まだ17歳のKelsang Namtsoの命が途絶えたとき、ヒマラヤの「意識」の中に彼女の「魂」が刻み込まれ、山々が怒りと悲しみにうち震えた。もちろん、「母なる女神」も。

一体、何人のクライマー(登山者)がその「震え」を感じたろうか。


(『チョモランマ ー“母なる女神”(3)』へ続く)

スポンサーサイト

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2007/07/31 21:51】 | ヒマラヤ世界 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チョモランマ -“母なる女神”(1)
Jul. 19, 2007

Chomolangma


北緯 27.58 東経 86.55、チベットとネパールの間に地球上最も背の高い“女性”が鎮座している。

エベレストだ。

20世紀初め、イギリス人登山家・ジョージ・マロリーは、処女峰エベレストへの思いを「そこに山があるから」("Because it is there“)」と述べた。1924年、イギリス隊の一員として彼はエベレスト初登頂を目指すが、登攀中消息を絶ってしまう。それから約30年後の1953年、同じくイギリス隊のテンジン・ノルゲイとエドモンド・ヒラリーが遂に各国に先んじて世界初登頂。イギリスは悲願を果たす(マロリーが登頂したという説もあるが、確たる証拠は無い)。

20世紀に後半、「ヒマラヤ」登山、特にエベレストは大衆化の時代に入る。21世紀に入りその流れは更に加速し、“エベレスト商業登山”も珍しくなくなった。つまり、お金を出せば、“誰でも”登らせてもらえる様になったのだ。経験・技量の伴わない登山者も含め多数押し寄せ、彼らが出すし尿やゴミなどによるエベレストの環境汚染・破壊が懸念されている。

ちなみに、ネパール側から登る場合、一人当たり入山料だけで100~300万円(「“ノーマル ルート”料金」。登山隊の人数により割引がある。野口健さんなど殆どの登山者がこのノーマル ルートを使用している)。チベット側(つまり、中国側)の入山料は、現在、180元(約3000円)。だが、来年2008年(“北京オリンピック年”)より、4900ドル(約60万円)に跳ね上がるそうだ。

今年の「春シーズン」のみで、514名もが登頂。もはや、“エベレスト銀座”と言えるだろう。入山規制が検討されて良い時期ではないかと思う。

********************

エベレストはチベット名「チョモランマ」-“母なる女神”の意味。その山の崇高さ奥深さを表した良い名だ。響きも美しい。本来、歴史・文化の古さからいってもこのチベット名を使うべき。

しかし、当時、権勢を欲しいままにしていた大英帝国のインド測量局長官・ジョージ・エベレストに因んだ名前が世界に流布し一般に定着してしまった。世界最高峰に一個人の名前とは、何ともスケールが小さい。残念。(エベレスト氏自身は現地名の採用を主張したが、本人の死後に(現地名が確認出来なかったため)後任が彼の名前をつけてしまったそうである)。

チベット人の宗教観、世界(宇宙)観にチョモランマは欠かせない存在だ。神話や宗教画(タンカ)にもしばしば描かれている。チョモランマのベースキャンプ近くにはチベット仏教の寺院(ロンブク寺院)もある。

偉大な「母なる女神」は古よりチベット人たちを見守って来た。

********************

4月下旬、既知のチベット難民のNGOからメールが送られてきた。「Youtube」のURLが示されていたのでクリックしてみる。映し出された映像に驚いた。チベット人の若い男性(Tenzin Dorjee)が支援者の男達と横断幕を広げ、“中国政府によるチベット支配”を訴えている。横断幕には次の文字がー「ONE WORLD ONE DREAM FREE TIBET 2008 (“ 一つの世界”“一つの夢”“2008年、チベットに自由を”)」。北京オリンピックのスローガン・「ONE WORLD ONE DREAM」をもじっている。欧米の町中なら何ら驚くことの無い抗議風景だ。

だが、そこは、チョモランマのベースキャンプ...。

このゾーンは国境地帯で、中国国境監視部隊が駐屯しヒマラヤを越えて脱出するチベット人に睨みをきかせている。昨年九月、ネパールへ向かうチベット人の一行が襲われ、17歳の尼僧が射殺された。その模様は偶然現場に居合わせたルーマニアの登山家にビデオ撮影され、YouTubeでも公開されている。雄大な光景とは裏腹に、“血塗られた”場所でもあるのだ。

こんなチベット人にとって危険極まりない場所に潜入し、「抗議メッセージ」をビデオに収めてくるとは...捕まれば監獄行きで、拷問が待っているかもしれない。止むに止まれぬ行動だったのだろうが、余りに危険すぎる。Tenzin Dorjeeの家族・親族の心痛を想像すると胸が痛む。彼はこのアクションのことを事前に話していなかったとは思うが...。

Tenzinのメッセ-ジによれば、中国政府が北京オリンピックの聖火をチョモランマの頂上に運び上げる準備をペースキャンプで初めているという。彼の心中も察して余りある。結局、Tenzin Dorjeeは他の仲間と共に当局により55時間拘留された後、アメリカ国籍ということもあり釈放された。

BBC Asia は、この“超高所の抗議行動”をリポートした。

この出来事を「母なる女神」はどんな思いで見下ろしていたのだろう。


(『チョモランマ -“母なる女神”(2)』へ続く)


テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2007/07/19 03:18】 | ヒマラヤ世界 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ダライ・ラマ 回想(6)
July 7, 2007 (The Star Festival: wish on a star!)

Dalai-Lama(6).jpg

(『ダライ・ラマ 回想(5)』より続き)

再度言う。ダライ・ラマを「裸の王様」にしてはならない。
タブーにしてはならない。

仏教徒のあるべき姿勢を、ダライ・ラマは常々こう語っているー

「盲信してはならない。対象を十分に吟味・検討した上で信じるか否かを判断する必要がある」

これは、いわゆる「科学的アプローチ」と同意だ。その根底には冷静な批判精神がある。(以前読んだ本の中で、敬愛する故カール・セーガン博士〈天文学者〉も健全な批判精神を伴う科学的アプローチの重要性を繰り返し説いていた。)

信仰とは、時折、絶対的な帰依(すなわち、絶対服従)を要求する。それは、「真理(=解脱、悟り)」にたどり着くための信仰の、ある種、重要な側面なのかもしれない。しかし、「オウム事件」を出すまでもなく、人類の歴史を概観すれば、それを俗で利己的な人間たち或は宗教団体が人間(信者)を支配・コントロールするために都合良く利用してきたという悪しき面ばかりが目につく。

無批判な「盲信(=絶対服従)」の危険性を最も熟知している一人がダライ・ラマその人なのだ。そして、「盲信」の危険性はダライ・ラマ自身に対しても例外であってはならない。それが、仏教徒たるダライ・ラマに対する真に誠実な態度と言えるだろうし、チベット難民のチベットを真に解放するという「大義」を側面からサポートすることに繋がると信じて疑わない。

********************

さて、ダライ・ラマが引退宣言し、「チベット問題」が未だ停滞したままで今後も長期化が予想される中、チベット難民、サポーターは今後何をしていくべきなのだろうか。

キー(軸)となるのは、ダライ・ラマ自身も切望する、政教分離し近代化及び民主化されたチベット(人)社会の創設だろう。その新たな「難民社会」が「チベット問題」を解決して行く上で中国政府と対峙・交渉する“母体”となっていく。

そこで、先ず取り組まねばならないのは、高い専門性とリーダーシップとを兼ね備えた若い人材の育成・登用だ。

そのことに関して、99年のインタビューの際にツェワン・テソン氏(当時、亡命政府外相)は示唆している。

「『チベット問題』や難民にマスコミや世界の人々は関心を示してくれてはいるが、その大半は、ダライ・ラマ個人に対する関心からだと認めざる負えない。世界では色々な問題が次から次へと目まぐるしく起こっている。だから、ダライ・ラマが退けば、『チベット問題』が世界の関心を失う可能性は非常に高い。このことを難民の若い世代は良く理解し、難民コミュニティーを支え、『チベット問題』に対する責務を自覚し果たして行かねばならない」

チベット難民をサポートするあるアメリカのNGOはこの重要性を良く認識しており、セレクトしたチベット難民の若者たち(一般人)をリーダーとして養成する”リーダーシップ・プログラム”を世界各地で行っている。

伝統・慣習を相対化・客観視でき高い専門性を有する一般人である「彼ら(彼女ら)」が“主役”となり、今後、難民コミュニティーをまとめ導いて行く必要がある。 一方、“特権階級”の末裔が大半を占め、完全に政教分離されていない「チベット亡命政府」は一度解体し再編成するのが望ましい。つまり、改革だ。正に、「中世」から「近代(現代)」への脱皮に相違ない。

日本のサポートグループもそのアメリカの「プログラム」を大いに参考にすると良い。年に一度デモを組織しスローガンを叫んだり、難民に衣服等の物資を送ることを否定はしない。それも必要だろう。だが、「チベット難民」はつい最近発生した“戦争・紛争難民”とは訳が違うことは理解されているのだろうか。

ダライ・ラマがインドへ亡命してから約50年が経過し、難民コミュニティーが世界各地に作られている(中には商売で成功したリッチな連中もいて、そのことが、貧しい地元民との軋轢を生んだりもしている)。他の難民(アフガン、アフリカ、イラクなど)とは、状況、性質共に違うのだ。故に、サポートの方法も自ずと異なってこよう。このことを再度十分に認識してもらいたい。

プラス、「中国政府」という強大且つ狡猾な相手と対峙している状況とを再認識した上で、行く先(未来)を見据えたサポートを考えてもらいたいのだ。換言すれば、サポート運動の段階的レベルアップが必要ということ。同じ様なことばかりして自己満足していてはだめだ。あなた方はもっと出来る。再度、先述の米のNGOの「サポートプログラム」を参考にして頂きたい。

チベット難民を留学生として日本の大学で学ばせる。或は、日本企業で「企業研修」という形で専門知識・技能を修得させる("on the job training")など、将来を見据えた具体的なサポートの有り様は幾らでも考えつく。後は実行のみだ。「チベット、法王様(ダライ・ラマ)大好き。難民を助けたい!」と言っている裕福な御夫人や著名な芸能人の方々、そして、会社の重役の方々、是非、率先して力を貸して頂けませんか?

日本に課された役割の一つとして、「チベットと中国の橋渡し」も重要だ。

日本は両者共に歴史的・文化的な深い繋がりがある。本来、欧米に先んじて、日本が両者の仲介役とならねばならないはずだ。

「チベット問題を考える議員連盟」というものがある。これまで実質的な働きは何もしていないが、是非、この橋渡し役を中心になって担って頂きたい。先ずは、「チベット難民」と「中国知識人・民主活動家」が公の場で話し合える会(シンポジウム)を日本で催して欲しい。これは、日本の幅広い層に「チベット問題」を認識して頂く上でも急務だといえる。

余談だが、枝野幸男衆議院議員(民主党)が2005年に「議連」の新代表に就任したそうだ。前任の牧野聖修氏(民主党)の落選が理由らしい。はて、枝野氏は「チベット問題」の内実(歴史背景、文化、民族など)の基礎知識をお持ちなのだろうか。今まで、この問題で彼の名前を聞いたことがない。付け焼き刃な人事でなければ良いのだが...

********************

「私は一介の僧侶に過ぎない...政治的な役割を終え、仏道修行に専念したい」

ダライ・ラマは幾度となくその偽らざる気持ちを吐露してきた。ダライ・ラマとしての人生の残された時間はそう長いことではあるまい。この辺りで、一般の難民達が共同してその政治的な役割を引き継ぎ、ダライ・ラマの真摯な望みを叶えてあげるべきだろう。

チベット仏教ナンバー3、弱冠22歳のカルマパ17世にダライ・ラマの役割を引き継ぐことを期待する向きもあるが、全くお門違いだ。彼は何のために危険を冒して中国を逃れ2000年にインドへと亡命したのか。中国では抑圧されていた仏道修行を自由に行うためだろう。政治ではない。それに、彼が引き継げば、ダライ・ラマの目指す「政教分離」は出来なくなる。またしても整合性の破綻になってしまう。

ダライ・ラマには若いカルマパと共に、政治的なしがらみから離れて、自由にのびのびとチベット仏教の保持・普及のために活動して頂こう。更に、ダライ・ラマには大きな使命が残されている。言うまでもなく、「非暴力」を世界に広めることだ。これこそが、ダライ・ラマとして今生を生きる主たる目的であると信じる。この本来の活動が、意図せずして「チベット問題」解決への世界のサポートを増やすことになるはず。

********************

そして、我々だ。全ては我々に託された。「チベット問題」を巡る本当の「闘い」はこれからだ。それは、我々一人一人の人間としての意志と本質(本性)が試される「闘い」でもある。

ダライ・ラマの「引退宣言」は、どこか、ブッダが臨終の際に弟子のアーナンダに説いた「自灯明 法灯明」の教えのようではないか。

「この世で自らを島(灯明)とし、自らをよりどころとして、他人をよりどころとせず、法を島(灯明)とし、法をよりどころとして、他のものをよりどころとせずにあれ」

今こそ、各々が責任感と自覚とを持ち、「チベット問題」の解決に向けて、そして「非暴力」を世界に拡大させて行くために、一人一人が「ダライ・ラマ」と成るべき時なのではないか。

私は、ダライ・ラマの「引退宣言」をそういうメッセージとして捉えている。

I do thank the Dalai Lama for his activities.

What will you do?

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2007/07/07 19:26】 | ダライ・ラマ | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。