スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ヒマラヤ国際映画祭特集 & トークセッション
Feb. 12, 2008

Luntok(prayer)

第18回 「にいがた国際映画祭」(会期:2008年2月16日~24日)において”ヒマラヤ国際映画祭特集&トークセッション”が組まれました。

■ 「ヒマラヤ国際映画祭特集 & トークセッション」

  *日程:2008年2月23日~2月24日(2日間)
  *会場:新潟映像メディア専門学校3FシアターNextOne
  *内容:映画上映(ヒマラヤ関連7作品)& トークセッション:
   ”ヒマラヤに見る世界の今” 〈ゲスト:テンジン・タシ(在日チベット
    難民)/田中邦彦(ビデオジャーナリスト)〉

詳細につきましては、「にいがた国際映画祭」の公式サイトを御覧下さい。

地方の国際映画祭でこの様な催しを行って頂けるとは有り難いし心強い限り。関係各位に改めて御礼申し上げます。


スポンサーサイト
【2008/02/12 15:08】 | ヒマラヤ世界 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チョモランマ ー“母なる女神”(3)
Aug. 14, 2007

Chomolungma2


(『チョモランマ ー“母なる女神”(2)』より続き)

詳しく言うと、この「惨劇」が起こったのは、チョモランマのとなりの8千メートル峰 ・チョーオユー(8201m)のABC(アドバンスド ベースキャンプ)付近。現場に居合わせたイギリス人登山ガイドによれば、60名以上クライマーがこの一連の出来事を目撃していたという。実際、狙撃の瞬間の映像を撮影したルーマニア人クライマーを初め、多くの欧米人この非人道的な行為を公に告発している。彼らは、ヒマラヤの「震え」を感じ取りアクションを起こしたのだ。

一方、日本人クライマー(或は、山岳組織)はどうだろう。一向に声があがってこない。現場に居合わせなかったのか?考えられない。チョーオユーはヒマラヤの八千メートル峰の中で比較的登り易い部類に入り人気が高い。しかも、天候の安定する「ポストモンスーン期」だ。日本人たちが居ないと考える方が無理がある。

では、彼らは何故黙りを決め込んでいるのか。明らかな理由の一つは、その「惨劇」が「チベット問題」に関わっているからだろう。

繰り返すまでもなく、中国政府は「チベット問題」に非常にナーバスになっている。ダライ・ラマが外国訪問を予定する度に、その国々に圧力をかけ訪問を中止させようとする執拗な行為もその現れの一つ。当然、「チベット問題」に言及する組織・個人に対しても制裁を加えようとする。以前、日本のある新聞社がその問題に関する記事を出したため中国政府の逆鱗に触れ、北京の支局を封鎖され記者は国外退去処分となっている。

つまり、登山家(冒険家・探検家)も「チベット問題」に触れれば、同じ目に遭う可能性が高いのだ。つまり、登山(或は入国)許可が下りない。彼らはそのことを懸念しているのだろう。もしかすると、「チベット問題」を知らないのか? あり得ない。あらゆる情報が容易に検索できリンクしてゆく“インターネット時代”だ。「チベット」、「ヒマラヤ」のキーワードを入力すれば、「チベット問題」や「チベット難民」などの文字が直ぐさま目に飛び込んでくる。試しに、”Google”や”Yahoo”で検索をしてみて下さい。

とすると、意図的に無視しているのか? 残念ながら、その可能性は高い。「チベット問題」は既におよそ50年に渡る問題だが、(著名な)日本人登山家(冒険家・探検家)がその問題に言及したという話を私はこれまで一度も耳にしたことが無い。

真にヒマラヤ、チベットを愛しているのであれば、その大地、及び人々が不当に傷つけられている現実(=「チベット問題」)を看過出来るはずが無いし、してはならない。私はそう思う。

私も登山愛好家の端くれでヒマラヤ・チベットを愛している。だから、“母なる女神”・チョモランマには是非登りたい。だが、今ではない。「チベット問題」が解決してから、或は、解決への光明が見えてからだ。

*********************

「北京オリンピッック開催の2008年に」と態々銘打ってチョモランマ登頂を目指す日本人「著名人」もいる。その方の生き様を尊敬し共感している。だが、ことその登山に関しては、大変申し訳ないが、思慮が足りなさ過ぎる。「問題意識」の浅薄さを疑わざるを得ない。

真の「冒険(探検・登山)」とは、「パイオニアスピリット(“開拓者魂”)を発揮して未知なる困難に立ち向かう行為」だと思う。

そこで御提案。

急激な経済成長を遂げる“難攻不落”な中国の「政府」という“高峰”こそ、大衆化したチョモランマを遥かに超える冒険の対象だと思うのだが、如何だろうか。 以前の記事(『ダライ・ラマ回想(6)』)の中で、「『チベット問題』の解決のために、日本の政治家に“チベットと中国の橋渡し”役を担って頂きたい」と書いた。同様の役割を著名な冒険家(登山家・探検家)にも大いに期待している。

*********************

大学時代、ヒマラヤの氷河(クーンブ氷河)の岩の隙間でただ一人一夜を過ごすはめになった。数時間鳴り響いた雷鳴がやみ、やがて、月明かりがさしてきた。岩から這い出ると、そこには、月光に浮かび上がったヒマラヤの山々が。プモリ、ヌプッェ、そして背後には、ややシルエットがかった巨大なチョモランマ。頂上の雪煙がもの凄い勢いで虚空に舞い上がっている。その姿は、まるで、白き王冠を頂く女神の様だ。プモリ、ヌプッェはあたかも「女神」にかしずく召使い。

崇高で気高く気品ある「母なる女神」は確かに宇宙の中に鎮座していた...


これまでに、地球上の幾多もの嘆き、悲しみ、喜びを、母なる女神・チョモランマは俯瞰してきたはずだ。

そして今でも、眼下に広がるチベットの大地、チベットの人々の秘めたる“叫び”を「母なる女神」は静かに受け止めている。


テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2007/08/14 03:48】 | ヒマラヤ世界 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
チョモランマ ー“母なる女神”(2)
Jul. 31, 2007

Chomolungma


(『チョモランマ ー“母なる女神”(1)』より続き)

昨年の9月にヒマラヤで17歳のチベット人尼僧が中国軍兵士の銃弾に倒れたことは先の記事で述べた。彼女の名はKelsang Namtso。

この事件を知った時、フラッシュバックの様にあるチベット難民たちの顔が思いだされた。99年、インドで行われた「チベット問題」を訴えるピースマーチ(平和(デモ)行進)の取材で知り合った若い尼僧たちだ。300キロ余りの道程を、彼女たちは130名のメンバーの一員として、私は取材者として共に歩いた。

一般の難民が自主的に組織した初めての大規模ピースマーチ。画期的なものだった。しかし、同行取材したのは私のみ。ピースマーチに先立つダライ・ラマのスピーチには、数えきれないほどの各国の取材者が詰めかけていたのだが...。ある難民の若者が皮肉たっぷりに言ったー「表面的には『チベット問題』を真剣に考えている様な顔をしているが、その実、ダライ・ラマや己の名声にしか興味がないんだ。誰も普通の難民になど本気で振り向きはしない。結局、ビジネスだよ!」 マスコミの本質的な一面を的確に突いた言葉に、思わず苦笑してしまった。

そんな画期的且つ歴史的なピースマーチにその尼僧たちは参加したのだ。えんじ色の僧衣からのぞいた顔は未だどこかあどけない。どんな思いで参加を決意したのだろう。しかし、行進当初、牽制を感じさせる鋭い視線にたじろぎ中々聞き出せなかった。

彼女達は先頭に立って「チベットの自由」を訴えた。毎日10時間を越える行進。灼熱と埃の中で、インド人に嘲笑され、そして、いつ終わるとも知れない難民生活の不安に耐えながら...彼女たちは歩き続けた。その凛とした決意あふれる姿を私は必死になって映像に収めた。そんな真剣さが届いたのか、やがて、彼女らはこちらに笑顔をみせてくれるようになり、少しずつピースマーチへの思いを語ってくれた。

*********************

「チベットの監獄で拷問を受けました」ー 彼女達の言葉はこう始まった。

「チベットでは自由に仏教の修行が出来ません。中国が厳しく管理しているのです。ダライ・ラマ法王の写真を飾ることさえ許されません。そんな状況に抗議したくて、チベット解放の思いを歌にして歌ったのです。それが、当局の知るところとなり、投獄されました...そして、酷い拷問を受けたのです...」

皆がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患い、内の一人は、連日の殴打により左目を失明していた。

彼女達の様な、いわゆる“良心の因人”に対する過酷な拷問の数々(殴打、電流流し、食事を与えない、性的虐待など)は、Amnesty International, International Campaign for Tibetなど国際的な人権擁護団体により詳細に報告されている。

チベットの僧院は当局により厳しく監視されている。故に、彼女達は、“抗議の歌”がどういう結末(つまり、拷問)をもたらすか十分承知していた。しかし、歌わずにはいられなかったのだ...その切なる思いが“閃光”のごとく私の胸を突き刺し、絶対的な弱者に対する非人道的で下劣な行為に怒りが噴き上げてきた。

「私たちは仏教徒です。仏教では怒りは禁じられています。でも、チベットでの不当な行ないの数々に怒りを禁じ得ません...けれど、暴力を振るった監視員や他の一般の中国人を恨んでいる訳ではありません。彼らは中国政府の方針に従っているだけですから...私たちは、ただ、チベットの解放を望んでいるだけなのです」

耳を疑った。自らに不当な暴力を振るい「光」まで奪った者達を許すというのだ。悪いのはその政府、政策だと。私の如く“瞬間湯沸かし器”的大凡人には、彼女達の言葉はにわかには信じられなかった。だが、彼女たちが上辺で奇麗ごとを言っているのではないことは、その瞳を見れば明白だった。

*********************

尼僧たちの崇高な「人間性」に触れて自ずと心に湧き上がってきたのは、かつて旅したチベット含む広大なヒマラヤの光景だった。「母なる女神」・チョモランマの崇高さが彼女らの有する崇高さと重なる。

彼女達の人格形成に、ヒマラヤの大自然が寄与していることは疑いない。チベット仏教がヒマラヤと密接な関係にある事実からすれば、その修行者たる彼女達にそれが影響を与えていると考えるのが道理だ。

そして、その自然に培われた彼女達の様なチベット人の良き「人間性(魂)」が、逆に、チョモランマを初めとするヒマラヤに反映し、その自然そのものを一層豊かな魅力溢れる存在としている。

つまり、幾世代にも渡る両者の「交流」が、人間の意識と自然とが融合した「ヒマラヤ」という“世界”を創り上げたのだ。そういう意味で、ヒマラヤを単に世界最大の無機質な氷岩塊(山脈)と解釈するのではなく、人間と自然の“合作”としての「有機体(或は、意識体)」と捉えるべきだろう。「母なる女神」というチョモランマの名がそのことを象徴的に表している。

チョモランマ南側の「サガルマータ国立公園」(ネパール)は世界遺産に登録されているが、“有機体”の考えに近い見方がされているー

「エベレストを中心とする秀逸な山岳美や希少動植物のみならず、チベット文化を保持するシェルパ族(チベット系民族)の存在がこの地をより一層興味深いものにしている」(UNESCO World Heritage Centre)

*********************

自由に仏教修行を行なえる地を目指し、ピースマーチの尼僧たちは故郷チベットを離れ、愛するヒマラヤを越えた。

昨年9月に射殺された17歳の尼僧もきっと同じ境遇だったろう。5000メートルを越える厳寒の中、ヒマラヤを越えるには到底適さない粗末な服と靴だけで喘ぎ苦しみ歩きながら、ささやかな希望を胸に抱いていたはずだ。だが、彼女の夢を銃弾が無惨にも打ち砕いた。白銀の大地が鮮血で染まる...少しずつ薄らいでゆく意識の中で、彼女は誰を思ったのだろうーチベットに残してきた母親、僧院で寝食を共にした友人たち、それとも、未だ見ぬダライ・ラマか...

重度の凍傷、凍死、そして射殺。以前製作したドキュメンタリーでも報告しているが、罪なき人々の「悲劇」がヒマラヤの大地でこれまでに幾度となく繰り返されているのだ。

まだ17歳のKelsang Namtsoの命が途絶えたとき、ヒマラヤの「意識」の中に彼女の「魂」が刻み込まれ、山々が怒りと悲しみにうち震えた。もちろん、「母なる女神」も。

一体、何人のクライマー(登山者)がその「震え」を感じたろうか。


(『チョモランマ ー“母なる女神”(3)』へ続く)

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2007/07/31 21:51】 | ヒマラヤ世界 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チョモランマ -“母なる女神”(1)
Jul. 19, 2007

Chomolangma


北緯 27.58 東経 86.55、チベットとネパールの間に地球上最も背の高い“女性”が鎮座している。

エベレストだ。

20世紀初め、イギリス人登山家・ジョージ・マロリーは、処女峰エベレストへの思いを「そこに山があるから」("Because it is there“)」と述べた。1924年、イギリス隊の一員として彼はエベレスト初登頂を目指すが、登攀中消息を絶ってしまう。それから約30年後の1953年、同じくイギリス隊のテンジン・ノルゲイとエドモンド・ヒラリーが遂に各国に先んじて世界初登頂。イギリスは悲願を果たす(マロリーが登頂したという説もあるが、確たる証拠は無い)。

20世紀に後半、「ヒマラヤ」登山、特にエベレストは大衆化の時代に入る。21世紀に入りその流れは更に加速し、“エベレスト商業登山”も珍しくなくなった。つまり、お金を出せば、“誰でも”登らせてもらえる様になったのだ。経験・技量の伴わない登山者も含め多数押し寄せ、彼らが出すし尿やゴミなどによるエベレストの環境汚染・破壊が懸念されている。

ちなみに、ネパール側から登る場合、一人当たり入山料だけで100~300万円(「“ノーマル ルート”料金」。登山隊の人数により割引がある。野口健さんなど殆どの登山者がこのノーマル ルートを使用している)。チベット側(つまり、中国側)の入山料は、現在、180元(約3000円)。だが、来年2008年(“北京オリンピック年”)より、4900ドル(約60万円)に跳ね上がるそうだ。

今年の「春シーズン」のみで、514名もが登頂。もはや、“エベレスト銀座”と言えるだろう。入山規制が検討されて良い時期ではないかと思う。

********************

エベレストはチベット名「チョモランマ」-“母なる女神”の意味。その山の崇高さ奥深さを表した良い名だ。響きも美しい。本来、歴史・文化の古さからいってもこのチベット名を使うべき。

しかし、当時、権勢を欲しいままにしていた大英帝国のインド測量局長官・ジョージ・エベレストに因んだ名前が世界に流布し一般に定着してしまった。世界最高峰に一個人の名前とは、何ともスケールが小さい。残念。(エベレスト氏自身は現地名の採用を主張したが、本人の死後に(現地名が確認出来なかったため)後任が彼の名前をつけてしまったそうである)。

チベット人の宗教観、世界(宇宙)観にチョモランマは欠かせない存在だ。神話や宗教画(タンカ)にもしばしば描かれている。チョモランマのベースキャンプ近くにはチベット仏教の寺院(ロンブク寺院)もある。

偉大な「母なる女神」は古よりチベット人たちを見守って来た。

********************

4月下旬、既知のチベット難民のNGOからメールが送られてきた。「Youtube」のURLが示されていたのでクリックしてみる。映し出された映像に驚いた。チベット人の若い男性(Tenzin Dorjee)が支援者の男達と横断幕を広げ、“中国政府によるチベット支配”を訴えている。横断幕には次の文字がー「ONE WORLD ONE DREAM FREE TIBET 2008 (“ 一つの世界”“一つの夢”“2008年、チベットに自由を”)」。北京オリンピックのスローガン・「ONE WORLD ONE DREAM」をもじっている。欧米の町中なら何ら驚くことの無い抗議風景だ。

だが、そこは、チョモランマのベースキャンプ...。

このゾーンは国境地帯で、中国国境監視部隊が駐屯しヒマラヤを越えて脱出するチベット人に睨みをきかせている。昨年九月、ネパールへ向かうチベット人の一行が襲われ、17歳の尼僧が射殺された。その模様は偶然現場に居合わせたルーマニアの登山家にビデオ撮影され、YouTubeでも公開されている。雄大な光景とは裏腹に、“血塗られた”場所でもあるのだ。

こんなチベット人にとって危険極まりない場所に潜入し、「抗議メッセージ」をビデオに収めてくるとは...捕まれば監獄行きで、拷問が待っているかもしれない。止むに止まれぬ行動だったのだろうが、余りに危険すぎる。Tenzin Dorjeeの家族・親族の心痛を想像すると胸が痛む。彼はこのアクションのことを事前に話していなかったとは思うが...。

Tenzinのメッセ-ジによれば、中国政府が北京オリンピックの聖火をチョモランマの頂上に運び上げる準備をペースキャンプで初めているという。彼の心中も察して余りある。結局、Tenzin Dorjeeは他の仲間と共に当局により55時間拘留された後、アメリカ国籍ということもあり釈放された。

BBC Asia は、この“超高所の抗議行動”をリポートした。

この出来事を「母なる女神」はどんな思いで見下ろしていたのだろう。


(『チョモランマ -“母なる女神”(2)』へ続く)


テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2007/07/19 03:18】 | ヒマラヤ世界 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。