スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Olympic in 2008
July 26, 2012

北京五輪

赤々と燃え上がる聖火の炎は人から人へと手渡されイギリス各地を巡った。間もなく、オリンピックが開催される。テレビは連日特集を組み、いやが上にも巷の関心は高まる。今回は何ら問題なく、聖火は20日に予定通り開催地ロンドンに到着した。選手達の健闘を心よりお祈りする。ところで、貴方は覚えているだろうか、4年前のオリンピックを巡るあの“喧噪”のことを・・・

******************************************

前回の北京オリンピックの聖火リレーはトラブルの連続だった。中国の国威発揚の思惑もあり、リレーは前例の無い3月31日から130日間という長期間に渡り、世界135都市を経由。しかし、いつもの聖火リレーとは異なり、この大規模リレーは行く先々で凄まじい抗議を受けた。その抗議の発端は、リレー直前に起こった中国政府に対するチベットでの民衆の暴動だった。北京オリンピックが開催される2008年に入り、チベットでの中国政府の圧政への抗議行動は激化し、野火のごとくチベット各地に広がった。この非暴力的な抗議を当局は武力により徹底的に弾圧。この非情且つ理不尽な弾圧は世界中(特に欧米諸国)から反感を買うことになる。

聖火の通る道々では、チベットサポーターを中心に様々なデモが起こり、人権を無視し、少数民族の権利を顧みない中国政府の姿勢に厳しく「NO!」が突きつけられた。折しも北京オリンピックにより中国への関心が更に高まっていたこともあり、各国の主要メディアは連日このニュースを大きく取り上げた。又、YouTubeなど動画投稿サイトでもデモの様子が事細かに伝えられた。長年「チベット問題」をタブー視し取り上げてこなかった日本のマスコミ(特にテレビ)も、ことここに及んで遂に重い腰を上げることになる。

だが、東京や長野を含む世界各地で大規模なデモが起きたにも拘らず、結局、聖火はほぼ予定通りに世界各地を巡り(チベット人の聖山であるチョモランマの頂きにまで!)オリンピックは開催され、中国の大国としての国際的地位は不動なものとなった。一方、チベットで抗議行動を起こした勇気ある人々は当局により投獄され厳しい処罰を受けた(この投獄が何を意味するかは、この拙記事からご推察頂けるだろう)。2008年のこの顛末については以前の諸記事で述べた。

******************************************

あれから早4年。あの“喧噪”は昨日の様に鮮明だが、ロンドン五輪を目前とした今、月日の流れを確かに感じる。チベットの状況は悪化の一途だ。当局による締め付けは更に厳しくなり、結果、昨年の3月より焼身による抗議が相次いでいる。この一年余りの短期間に20名以上が自らの身体に火をつけているのだ(その大半が死亡)。 先日17日にも、未だ18歳の若き僧侶(Lobsang Lozin)が焼身自殺を遂げた。近年、この様な抗議行動そしてその数は世界のどこにも見当たらない異常事態だが、日本のマスコミ(特にテレビ)は殆ど伝えない。もともと「チベット問題」など取り上げたく無い彼らの本性が改めて透けて見える(“ロンドンオリンピック特集”番組で前回の北京大会の様子を紹介する際も、決して聖火リレーのごたごたを流すことはない。)。

一方、中国との交渉窓口であるチベット亡命政府は相変わらず実質機能していない。昨年、前首相(著名なリンポチェ(高僧)(Samdhong Rinpoche))の任期満了に伴い、亡命政府の首相にハーバード大出の法学者である一般人(Lobsang Sangay)が難民達による投票により選ばれた。一般人の首相は初めての画期的なことであったため、停滞する「チベット問題」を動かす斬新な政策の発案が期待されたが、今のところ「ダライ・ラマの政策を踏襲する」と表明するのみで、新たな策は出ていない。そのダライ・ラマは長年の政治的役割より昨年退いた。しかし、彼は相変わらず大多数のチベット人より崇敬されるチベットの“シンボル”であり、世界的人脈も有し人気も高い。「チベット問題」を巡る最大のキーパーソンは未だに彼であることに変わりはない。

さて、BBCのインタビューの中で先の民衆による「焼身抗議」についてダライ・ラマはこう答えている。「彼らの勇気は分かるが、当局への抗議行動としてどれほど効果があるのか甚だ疑問だ。もっと知恵を使う必要がある。」長年リーダーとして中国政府との交渉に苦労してきたダライ・ラマの複雑な心境は分からなくも無い。しかし、これが、チベットのために自らの命を投げ出した同朋について語るリーダーの言葉だろうか。メディアで語る言葉としては配慮が足らなさ過ぎる。

彼らは短絡的な衝動により身体に火を付けているのではない。世界が激動する中、北京オリンピック以降急速に失われていく「チベット問題」への世界の関心をつなぎ止めておくため、中国政府に絶対に屈しないという態度を明示するため、何より、何者にも従属しない自由を希求する人間の尊厳を示すために、彼らは明晰な覚悟の上で火を付けているのだ。これは彼らの知恵より生まれた真摯なる非暴力の抵抗だ。「非暴力の抵抗者たちは、いつどこでも平静な心を持って死んでゆくだろうが、侵略者の前にひざまずくことはないだろう」。ガンジーのこの言葉が彼らの行為に重なる。

政府の広報機関たる中国のメディアがこの焼身抗議をあたかも国家の治安を乱す“自爆テロ”の様に報道していることには何ら驚きは無い。しかし、欧米の一部のメディアが同じ様に報じているではないか!正に、開いた口が塞がらない。世界市場をねっとりと支配するする大国中国の影響、恐るべし・・・自爆テロなどとんでもない。ベトナム戦争時、ティック・クアン・ドック氏を初めとするベトナムの僧侶、尼僧達が抗議の焼身自殺を遂げた。かのチベット人達の行為は、そのベトナム人達に連なる究極の非暴力的抗議なのだ。

******************************************

88年、ダライ・ラマはインド亡命以来保持してきたチベット独立政策を放棄した。それ以降、度々の主張のばらつきや言動の不一致等“迷走”が続いている。そこには、彼が敬慕するガンジーが示した様な厳格な一貫した姿勢は見られない。2007年の米議会からの受勲という“失態”もその一つだ。「ダライ・ラマが何をしたいのか全く見えない。彼も単なる政治家なのか?」。先日、チベット問題の今後を話していた際、世界屈指の研究機関トロント大学で中国近代史の教鞭を執る友人はこう話した。同感だ。中国政府の悪行は言わずもがなだが、ダライ・ラマや亡命政府の迷走が、当局の不当統治を許しチベットの悲劇を長引かせている要因の一つだとも言える。自らの生命を投げ打ってチベットを取り戻そうとする「焼身抗議者」の覚悟を、彼らは果たして真に共有できているのだろうか。

先のガンジーの言葉は以下のように続いている。「非暴力の抵抗者は、甘い約束事に騙されるようなことはないだろう。また、第三者の助けを借りて、英国の軛から解放されることを求めたりはしない。彼らは自らの闘いの方法に絶対的な信念を持ち、他の方法を顧みることはない」。ダライ・ラマを初めとする亡命政府の関係者や難民達は、ガンジーのこの言葉を肝に銘じて、今こそ、59年の亡命直後から約30年にも渡り保持していたチベット独立の原点に立ち返るべきだ。それこそが、商業主義に染まるオリンピックの聖火を遥かに凌ぐ真の世界の希望と平和の「光」になることを私は信じて疑わない。

******************************************

チベットで大騒乱が起きた2008年のブログ記事内で幾度となく紹介してきたガンジーの言葉を、あのオリンピックの喧噪の意味を忘れない為にも、再度、「インド」の箇所を「チベット」に変えて記しておく。

「もし、チベットが非暴力の手段によって自由をとりかえすことに成功したならば、チベットは、自由のために闘っている他の民族にメッセージを送ったことになるだろう。いや、おそらくはそれ以上に、世界平和にとって未だ知られていない最大の貢献を果たしたことになるだろう」

スポンサーサイト

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2012/07/26 15:03】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
日食 in Tibet
May 31, 2012

金環日食

去る5月21日、月が太陽を隠し金色の環を作る壮大な天体ショー、金環日食に日本全国が沸いた。宇宙マニアの私も、3倍で太陽を望める専用のグラスを前々から準備をし、その瞬間を心待ちにしていた。天気予報の通り、東京上空はあいにくの曇り・・・しかし運良く、雲をすり抜ける様に太陽はしばしば顔を覗かせ、月に食べられていく過程に息を飲んだ。そして、金環へ。太陽には雲の薄いベールが掛かり、グラスを使わずに直接肉眼でその環を見られた。薄暗い虚空に光るリングはまるで神話の世界の様で、辺りの喧噪は止み、時も静止した・・・その瞬間、25年前の記憶が鮮やかに蘇ってきた。

********************************************

1987年9月23日、沖縄で金環日食が観察出来たその日、大学生の私はチベットを独り旅していた。乗り合いバスは茫漠たるチベット高原を北を目指しひた走る。ふと、隣席のチベット人が紙片に漢字で「・・食」と書いて見せた。「食」とあったので、「いや、お腹は減ってないよ」と私は雑記帳に書き筆談した。彼は苦笑して首を振り、窓の外を指差す。何のことか分からず、窓外に目をやった。すると、何やら様子がおかしい。真っ昼間なのに薄暗い。再度、彼の字をよく見た。「日食か!」辺りはどんどん暗くなっていく。まるで、夕方のよう。部分日食に遭遇したのだ。初めての経験、しかもチベットでの神秘的な体験に大いに興奮した。帰国後知ったのだが、私がバスより天空を見上げていた丁度その時、ラサ(チベットの都)では中国政府に対するチベット民衆による大規模な暴動が起きていた。あれから、早25年。チベットの状況は一向に良くならず、否、悪化の一途を辿っている。抗議の焼身自殺をする者も後を絶たない。「チベット問題」を無視する日本のマスコミ(特にテレビ)、政府、企業の姿勢も相変わらずだ。

********************************************

深い残像と余韻を残し、月は太陽から遠ざかっていった。再び輝きを取り戻した太陽の光が新緑を鮮やかに照らし出す。周囲に満ちる生命の波が蘇り、躍動し始める。

チベットは未だ日食のままだ。それは、人間社会そのものが未だに暗がりの中にあることを意味する。

「光」が射すのは一体いつになるのだろうか。

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2012/05/31 23:55】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『大震災とチベットの焼身自殺』
Feb. 22, 2012



本日はロサール、チベット暦の新年。だが、難民を初めとする多くのチベット人たちは素直に正月を祝う気持ちには到底なれないだろう。なぜなら、現在チベットでは、これまでには無かった「悲劇」が次々と繰り返されているからだ。

*********************

習近平

昨週、中華人民共和国副主席、習近平氏が訪米。次期国家主席の就任が確実視される習氏をオバマ政府は異例の持てなしで歓迎した。テレビ局各社は連日これを大きく報じていた。オーバル・オフィス(大統領執務室)でのオバマ大統領と習氏とのやりとり、歓迎レセプションでのバイデン副大統領による中国の人権状況への憂慮とそれに対して習氏が反論する映像などが繰り返し流され、「両大国の腹の探り合い」「牽制し合う大国」等の特派員レポートが添えられた。又、「両国の関係は結婚と同じ。爆発する前に正直に言いたいことを相手に伝え、ガス抜きをしているのだ」とのアメリカ人の専門家に拠る分析も紹介されていた。

しかし、近年の両国関係を精査してみれば、それが両国のいつもの政治パフォーマンスに過ぎないことは容易に分かるだろう。米政府には、中国の人権状況(特にチベット)に懸念を示すことで、他国や国内外の人権団体等からの「米政府は人権問題を蔑ろにしている」との批判をかわそうとする隠れた意図がある。アメリカの狡猾なダブルスタンダード政策はつとに良く知られ、これまでに中東の国々・民族を初め多くがその犠牲になっている。チベット人も過去に煮え湯を飲まされた。50年代の中国によるチベット侵略後、チベット人の有志がゲリラとなって中国軍と戦っていた。ソ連や中国等の共産主義勢力の台頭を恐れていた米国は、CIAを通じてチベット人ゲリラに武器を供給していた。しかし、ニクソン政権の親中政策への変更により、支援は突然打ち切られ、国の解放を信じていたゲリラの多くは非業の最後を遂げることになる。その後も、ブッシュ政権が自らの対イラク政策等での失態を覆い隠す為にダライ・ラマに勲章を与えて巧みに利用する等、チベットは翻弄され続けている。

中国政府の人権に関する答弁も実に巧妙だ。「人権問題は内政問題。多様な民族を有する中国の事情は複雑だ。その改善に我々は最善を尽くしている。」と同じフレーズを毎回繰り返すことで、記者からの質問を巧みにかわしていく。結果、毎度同じ答えしか引き出すことが出来ない記者たちからは、諦めと共に、いつしか厳しく追及する質問さえも出なくなる。そして、中国当局のメッセージはそのまま、当局の意図のままに世界に発信されることになるのだ。その裏では、両大国は自らの利害関係(即ち、ビジネス・経済)の下に親密な関係をがっちりと深めて行く。結局、人権問題などは政治パフォーマンスの道具に過ぎない。

*********************

さて、今回のマスコミの画一的な報道の影で、社会の木鐸たる使命を有するジャーナリズムが絶対に伝えねばならないチベットの現状は無視される。それが、前述した「悲劇」だ。2011年の3月より、「東日本大震災」と時を同じくして、チベット民族居住地域各地で、中国政府の圧政、チベットの解放を訴えるチベット人民衆の焼身による抗議が相次いでいる。昨週も未だ19歳の尼僧、テンジン・チョドロンさんが焼身自殺した。BBCに拠れば、昨年から今までに、分かっているだけで、焼身者の数は20人を越えている。その多くが死亡。私は以前制作したチベット難民のドキュメンタリー(『チベット難民-世代を超えた闘い』)の中で、インドで焼身自殺をした元僧侶の難民の男性を取り上げた。彼は濃いオレンジ色の炎に全身を包まれながらも、走りながら、合わせた両手を虚空に突き上げながら訴えていた・・・抗議の手段として、焼身ほど凄まじいものは他に無いだろう。火傷により皮膚と呼吸器は焼けただれ激痛と呼吸困難の中殆どの者が死んでいく・・・想像しただけでも、全身が引きつり心底恐ろしくなる。それを、チベットでは、この1年というごく短い間に20人以上が決行している。この事実だけでも、彼ら、彼女らの追いつめられた心境が分かるはずだ。こんな異常事態は、近年、世界の如何なる場所でも起こっていない。これから、来月10日の「チベット民衆蜂起記念日」にかけて、チベット人達の抗議は激化していくだろう。それに伴い、焼身自殺の数も増えていく・・・

*********************

チベット人の切なる思いは、今に始まったことではない。世代を超えて、もう50年以上も続いているのだ。この辺りの事情(「チベット問題」)ついては、先のドキュメンタリー作品、このブログ内の他の拙記事、チベット専門小冊子への拙寄稿文、他の方々のページ、関連書籍等を参照されたし。マスコミ、特に日本のテレビは「チベット問題」を無視し続けてきた。中国との、或いは中国市場でのビジネスを展開する数々の企業からのスポンサー収入に支えられ、日中友好協会など中国系の団体と密接な関係のある日本のテレビ局は、中国との関係に深刻な亀裂を生じかねない「チベット問題」を取り上げることに全く消極的だ。正直、報道したくないのだ。「2008年」は全くの例外。チベットでの暴動が世界的な関心事となってしまったため、マスコミは止むなくそれを取り上げた。その証左に、その後もチベットの状況は悪化の一途をたどっているが、あの当時のチベットを巡る“報道喧噪”が幻だったかの如く、その後、各局共に何ら詳細な報道は無い。今回の「焼身自殺」事件が報道されないのは、至極当然なのだ。そのくせ、直接の利害関係の無い「アラブの春」や北朝鮮関連の報道は積極的で、「市民の命が蔑ろにされている!」等とレポータ-が叫んでいるのだから、開いた口が塞がらない。整合性の無さ、モラルの欠如、ここに極まれり。真のジャーナリズムなどここには無い。

*********************

本年は日中国交正常化40周年。人気アイドルグループAKB48が親善大使に就任する等、記念事業も目白押しだそうだ。近隣の国同士が親交を深め、より良く理解しようとすることに何ら異論はない。私にも中国人の良き友人達がいるし、学生時代の中国一人旅では素晴らしい体験をさせて頂いた。感謝の念に堪えない。両国の友好関係の推進を心より願っている。しかし、だからと言って、中国の未だに自国民を強大な武力により弾圧し死に追いやるといった“暴力独裁国家”としての側面を看過していいことにはならない。日本は“友人”国家として、そのことも公できちんと指摘し批判するべきだ。それが真の友人たる姿勢だし、本気で信頼し合える関係を築こうとするならば避けては通れない。正に、「良薬は口に苦し」。

しかしながら、中国との関係を基本的にビジネスパートナーとしてしか考えていない、考えられない政府、経団連、大企業からはその様な姿勢は全く見られない。情けない限りだが、これがこの国の実情なのだ。そこには、昨年の震災後より巷で盛んに叫ばれる様になった「生命の尊さ」や「絆」の意味を深く考え大切にする真剣さは微塵も感じられない。1000年に一度とも言われる母なる地球からの凄まじい“揺さぶり”を受けても、チェルノブイリに次ぐ原発大事故を引き起こしても、結局、この国の政治家、企業幹部を初めとする大多数は、社会、仕事、人生に対する新たな価値観に目覚めることは無いようだ。若者も同様。社会の根本改革を多少のリスクを負っても今こそ率先して担うべき若者達の人気就職先のトップは、「堅実で安定していて一生食いっぱぐれない」を主たる理由に2011年度(2012年新卒)も「公務員」・・・「長いものには巻かれろ」「寄らば大樹の蔭」など、組織や団体の利潤の為ならば(例え自らの良心に反しても)他の生命を蔑ろにし、他との絆を分断し対立する事態を招きかねない以前同様の「社会通念」の中へと明らかに多くが舞い戻っている。震災直後に老若男女問わずあちこちから湧き上がった「日本社会は根本から変わる必要がある!」の威勢の良い掛け声は一体何だったのか?

*********************

瀬戸内寂聴さんの被災地慰問を追ったNHKのドキュメンタリー番組を先日見た。その中で、彼女が被災された方々に釈尊の「犀の角のようにただ独り歩め」の言葉を贈っていたのには驚いた。なぜなら、この教えほど現在の日本社会にとって必要なものは無いと震災前から考えていたからだ。この教えは、我々に常識や価値観の転換を厳しく迫り、生きる真の意味を問い質す。政治・経済大国となった中国の人権を無視した政策に対して、リスクを負ってまで正面から「NO!」を突きつける”非常識”な国、組織、個人は殆ど見当たらない。だからこそ、敢然と自らの身体に火をつけ公然とその政府を批判するチベット人達に、私は「犀の角のようにただ独り歩め」の一つの体現を、痛ましく悲しくもあるが、確かに見るのだ。以前の記事にも書いたが、「チベット問題」とは、各々一人一人の人間としての意志や本質が試される問題だ。この問題を通じて、その者たちの真の人間性が明らかとなる。

間もなく、あの大震災から1年。宿縁なのか、「チベット民衆蜂起記念日」の翌日だ。再び思う。何故、我々は1000年に一度という大震災を経験したのか? 何の為に多くの人達は犠牲になったのか? 原発事故は一体何のための教訓なのだろうか? 焼身自殺を遂げたチベット人達に思いを馳せながら、再度、考えてみても時間の無駄にはならないだろう。いや、それこそが、亡くなった方々への本当の意味での供養となる。


テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2012/02/23 04:22】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「チベット大震災」への支援のお願い
Apr. 23, 2010

TE.jpg

多くの方が既にご存知の様に、去る4月14日、中国青海省玉樹チベット族自治州で大規模な地震が発生した。この一帯は、チベット人の伝統的な地域区分に従えば“カム”(東チベット)地方。中国の侵略行為に最後まで抗した蛮勇の士・“カムバ”(東チベット人)の故郷の一つだ。

20日付けの中国新華社通信に拠れば、死者は2039人、行方不明者は195人に上っている。被災地は標高約3700メートルの高地で、救援隊が高山病にかかるなど、救助は難航。この近辺に友人・知人の家族が住んでいることもあり、今回の大震災には余計に心を痛めている。取り急ぎ、少々の義援金を赤十字を通じて現地へ送った。

さて、昨日、友人(「チベット交流会」代表)より支援の呼びかけメールがあった。以下、全文を転載します。皆様方の温かなご支援を心よりお願い申し上げます。

**************************

(転載メール)

チベット支援の皆様へ(Bccで失礼いたします。重複なされた方は、ご容赦下さい)

ご無沙汰いたしています。天候不順な日が続いていますが、お変わりございませんか?

チベット人居住区にて発生した、大規模な地震にもかかわらず、海外援助を断り続けている中国政府ですが、現地は、日が経つにつれ、食料やテント、医療の不足が伝えられてきています。

このたび、募金窓口として、チベット交流会でも寄付を集めさせていただくこととなりました。これは、支援金が確実に現地に届くルートが判明した為です。

緊急支援とあわせて、復興の費用が今後更に、大変になってきます。ご負担をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。また、少しでも義援金を届けたいと思っていますので、地元で出来る街頭募金活動を検討しています。日程が決まりましたら、ホームページにて告知いたします。こちらのほうも、よろしくお願い申し上げます。

以下に、友人から頂きましたメールと、振込先を案内いたしました。
______________________

青海省地震支援のお願い

今回の青海省地震で被災されたチベットの皆様のご冥福をお祈りいたします。 被災者たちの安全と速やかな復興を願うばかりです。

地震がおきた玉樹は強制移住させられた元遊牧民が多く住む町。 友人の在日チベット人のご両親がこの町に住んでいますが、 連絡がつかない状態です。お兄さんは怪我をし、現在病院だそうです。 彼が来週、玉樹に旅立ちます

以下、彼から皆さんへの伝言です。

「50円でも100円でもかまいません。被災したチベット人を助けてください。50円でも食べるものが手に入ります。 私が現地のリンポチェや病院関係に必ず届けます。どうかお願いします」。

 *彼の出発に間に合わない場合は、青海省の赤十字へ送金します!
  彼の友人を介して、青海省の赤十字の副会長と連絡がついたそうです。
  彼を通じて、あるいは、直接青海省の赤十字へ送金します。

被災者の数が増えています。皆様、どうぞ、よろしくお願いいたします。

<振込先>
*「ゆうちょ銀行」 店名(店番):028 口座:普通0649009
名義:チベット交流(*他銀行から振り込む場合)
*「郵便振込」: 口座記号番号:0220-0 108381 
口座名義:チベット交流会

〈問い合わせ・連絡先〉
〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町3144-5
電話・FAX 045-943-5258
メールアドレス:tibet@aol.jp
ホームページ: http://www.tibet-jp.com/


テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2010/04/23 15:58】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダライ・ラマ元側近「チベット」を語る
Mar. 7, 2010




10数年来のチベット難民の友人が3月10日に来日し、都内他各所で講演会・ワークショップを開きます。マスコミでは流れてこない難民の”本音”を聞けるでしょう。「チベット問題」に関心のある方は見逃せません。チベットの文化や健康法に興味のある方も是非ご参加下さい。新たな「チベット」の魅力を発見できるに違いありません。

詳しくはこちらでご確認下さい。


【2010/03/07 16:22】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。