劉暁波氏の遺志は死せず
July 20, 2017

Liu Xiaobo3

中国人ノーベル平和賞受賞者、作家、人権活動家の劉暁波氏が、今月13日、多臓器不全のため中国当局の監視下で亡くなった。未だ61歳・・・。国家政権転覆扇動罪で懲役11年の刑に処され服役していたが、先月、刑務所から病院に移送された際には既に末期の肝臓ガンの状態。「『(中国当局によるこの移送の処置は)少しでも内外の批判を和らげるためだった』(日本政府高官)という見方が強い」(時事)との報道等が示唆し、米国に亡命中の中国人人権活動家や米下院議員が冷静かつ厳しく指摘しているように、独裁政権にとって”危険な邪魔者”である劉氏を中国指導部は「意図的に殺害した」が真相だろう。1989年の天安門広場における中国の民主化を求めるデモ(「天安門事件」)において、劉氏はコロンビア大学の客員研究員として滞在していた米国より駆けつけ、学生らが組織するハンガーストライキに加わり指揮を執った。デモの主要なリーダーの一人となったのだ。当時、行動を共にしていた関係者によれば、劉氏は銃や棒などの武器を用いようとする学生たちを戒め、「恨みを捨てよう。恨みは私たちの心をむしばむ。私たちに敵はいない。理性的に対話しよう。」と訴え続けたという。事件後、同世代、後進の世代の多くが、代償が重すぎると判断し民主化を諦め体制に参加する中でも、彼は国内に留まり一貫して民主化を要求し続けた。本来、文芸評論家であり、文学や詩を愛し「政治は好きではなく、苦手」だった氏が民主化運動に関わり続けた思いの中には、天安門事件で犠牲になった多数の学生に対する責任感があった。「誰かがやらねばならない」。結果、当局により厳しい制約を受けることとなり、再三にわたり、投獄、拘留された。それでも、劉氏の金剛の如き固い決意は決して揺らがなかった。それはあたかも、ガンディーのごとく・・・真の非暴力主義の実践者の姿がそこにはあった。反体制者として生きることについて、劉氏はこう述べている。「”地獄“に行くと決めたら、暗いと文句を言わない。”反抗者“として歩み始めたら、『世界は不公平だ』と嘆かない」。
_________________________

劉氏の悲しき死が海外でのある貴重な体験を再び思い出させた。87年夏、私は約二ヶ月をかけて中国及びチベットを一人旅した。初めて目にする広大な風景、神秘的な文化遺跡、多様な民族や珍味の数々にたちまち虜になった。しかし、最も心を動かされたのは、たまたま北京駅前で出会い親しくなった漢民族の鉄道員との会話だった。多くの年月が過ぎ去った今でも鮮明に覚えている。彼の部屋で筆談で身の上話をしながら談笑していた時、突然、彼の表情が曇り、思い詰めたように何かを書き連ねていく。小さな紙片は漢字で埋め尽くされた。彼はゆっくりと一字一字指差しながら「分かるか?」と訊いてくる。見憶えのある漢字を頭の中で繋げながら見えてきたのは、「中国共産党の腐敗、非道」だった。私はその旨を書いた。それを見て彼は頷き、「中国社会のこの酷い状況を日本で伝えてくれ」と単なる大学生に過ぎない私に強く訴えてきた。話を終えた後、その”告発状”を誰の目にも触れないよう彼は細かく刻んでゴミ箱に捨てたのだ・・・そして二年後、先の天安門広場における民主化デモが起こった。前述の旅の翌年、ネパールのチベット難民コミュニティを訪問し、チベット族の中国政府に対する深い憤りも理解していた私は、この民衆によるデモは起こるべくして起こった大きなうねりだと打ち震え、民主化が実現してほしいと切に願った。だが、その結末は当局による武力弾圧(虐殺)という悲劇に終わってしまった・・・
_________________________

劉暁波氏の死後も、中国当局は彼に関する情報を引き続き厳しく検閲し規制している。インターネットも例外ではない。こうして、 国内の殆どの中国人は彼の存在すら知らず、知っていたとしてもせいぜい欧米に影響受けた“罪人”というイメージだ。自分たちにとって不都合な存在はあらゆる不当な手段を使って徹底的に潰す — これは、古今東西変わらぬ独裁政権の本性だ。このまま民主化されなければ、エゴの肥大化した権力者やその追従者らにより巨大な軍事・警察力を有する超大国が恣意的に運営され続けていくことになる。この状況は、良識ある中国人、(中国内の)少数民族のみならず、人類の将来にとっても大いなる脅威だ。私は99年にインドにおいてダライ・ラマ14世に単独インタビューしたが、彼も中国の民主化を強く望んでいた。「私たちチベット人同様、中国人の多くは民主化を望んでいます。中国が民主化されれば、日本を含む近隣諸国も大きな恩恵を受けるでしょう。『チベット問題』の解決も中国の民主化の延長線上にあるのです」。劉氏も日本の新聞社とのインタビューの中でダライ・ラマと同様の見解を示し「中国の人権・民主化問題に声を上げることこそ日本の国益になる」と仰っていた。2010年、劉氏はノーベル平和賞を受賞。ノルウェー・ノーベル委員会は、長きに渡る中国における基本的人権を求める非暴力の闘いを称えた。当然のごとく中国当局は氏のノルウェーへの渡航を許さず、授賞式出席は叶わず獄中での受賞となった。「この受賞は天安門事件で犠牲になった人々の魂に贈られたものだ」と、劉氏は涙を流したそうだ。空席となった受賞者席が置かれた式典では、前年、自らの裁判審理で読み上げるために記した陳述書「私には敵はいない──私の最後の陳述」が代読された。文章には、劉氏の中国の民主化への熱い思いが込められている。

「私は望んでいる。私の国が表現の自由がある場所となることを。全ての国民の発言が同等に扱われるようになることを。そこでは異なる価値観、思想、信仰、政治的見解が互いに競い合い、平和的に共存できる。多数意見と少数意見が平等に保障され、特に権力者と異なる政治的見解も、十分に尊重され、保護される。そこではあらゆる政治的見解が太陽の光の下で民衆に選ばれ、全ての国民が何も恐れず、政治的意見を発表し、異なる見解によって迫害を受けたりしない。」

長年の苦難にめげず、献身的に夫を支え続けた妻にかけた死に際の言葉は「あなたはしっかり生きなさい」「幸せに暮らして」だった・・・国連、ノーベル委員会、国際人権団体のみならず、各国の首脳からも劉氏の死を悼むメッセージが届いている。「人権と言論の自由を求め立ち上がった勇敢なる闘士の死を深く悼む」(アンゲル・メルケル独首相)。

劉暁波氏の遺志は決して死に絶えはしない。その尊き精神は益々輝きを放っている。

_____________________

(NOTE)
劉暁波(Wikipedia)
劉暁波氏―中国が消せなかった人
劉暁波 ノーベル平和賞受賞スピーチ全文
劉暁波の苦難は自業自得?反体制派が冷笑を浴びる国
死の淵に立っても劉暁波を容赦しない「人でなし」共産党:https://g獄中の劉暁波が妻に送った「愛の詩」
劉暁波さん、中国と世界に永遠の遺産を残した人権の巨人

Liu Xiaobo(Wikipedia)
Liu Xiaobo: “China's most prominent dissident dies”:
Liu Xiaobo: The man China couldn't erase
Liu Xiaobo, Nobel laureate and political prisoner, dies at 61 in Chinese custody
Liu Xiaobo: In his own words
Liu Xiaobo - Nobel Lecture
Liu Xiaobo: A man who spoke truth to power
Malala Yousafzai condemns China over treatment of Liu Xiaobo

スポンサーサイト
【2017/07/20 10:55】 | ヒマラヤ世界 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒマラヤ・アウェアネス・チャンネル特集:”カシミール紛争”
October 21, 2016

Kashmir issue

ヒマラヤ・アウェアネス・チャンネル「2016年秋号」の特集として、ヒマラヤ地域北西部に位置するカシミール地方(最高級毛織物カシミアの語源の地)を巡る大国(インド・パキスタン・中国)の争い、“カシミール紛争”を取り上げました。

日本では余り知られていませんが、この紛争は1947年に始まり、約70年にも及ぶ世界で最も長期にわたるものなのです。今年に入り、カシミールの地元民とインド治安部隊との衝突が再激化。また、インド軍の基地が武装勢力に襲撃され、その事件を巡り核保有国のインドとパキスタンとの関係が悪化しています。改めて、この機に、忘れられがちな最も長い年月に及ぶこの紛争を考えてみたいと思います。

大学時代、私(ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン代表)はインド・パキスタンを一人旅した際、パキスタン側のカシミールを訪れました。パキスタン北部の都市ラワールピンディーから地元の乗り合いバスでヒマラヤ山中のギルギットへ向けて出発。険しい山中に造られたガタガタの隘路を、リクライニング機能などないローカルバスはゆっくりと進んでいきます。地元の厳つい男衆に挟まれて窮屈に座っている私の体は絶えず上下左右にピョンピョンと飛び跳ね、背中とお尻の痛みが拷問にかけられたかの如く増していきました・・・走り始めて10時間以上、月光に高き山々のシルエットが不気味に浮かんでいます。疲労困憊で意識が遠ざかり始めた頃、バスが突然止まりました。「こんな山中でトイレ休憩か?」いや、様子が違います。車外には大きなテントが・・・すると、軍人と思しき迷彩服を着た男が車内に入ってきて、テントに向かうように促されました。中に入ると、別の軍人からパスポート提示の要求があり、ピンときました。「そうか、ここは身分確認のための軍の検問所なのか」。 長年の紛争地、カシミールに入ったことを思いしらされた一件でした。さて、カシミールは噂に違わぬ素晴らしい所でした。 荒々しく天空へと屹立する岩峰群、朝日に激しく燃え上がる世界第9位の高峰ナンガパルパットの雄姿等、素晴らしい風景を満喫しました。

このような豊かな自然と文化とを有する美しき地が長期にわたる紛争地であるという悲しき現実。宗教的な差異等を超えて、インドとパキスタンとの融和が促進することを願ってやみません。最後に、カシミール地方の人々に世代を超えて深く信仰されているスーフィズの偉大なる詩人ルーミーの詩の一編をご紹介します:

「ただひとつの息」

私はキリスト教徒ではない
ユダヤ教徒ではない
イスラム教徒でもない

私はヒンズー教徒ではない
スーフィーではない
禅の修行者ではない
どんな宗教にもどんな文化にも属していない
東から来たのではない 西から来たものではない
海や大地から生まれたものではない 天界から来たものではない
何かの要素からできているものでもない

この世やあの世に存在するものではない
アダムとイブのような太古の物語と関係はない
いいえ わたしは何者でもない

居場所は定まらない
跡を残すことはない
いいえ わたしは身体でもない魂でもない

わたしは
愛している
あの人のなかにいます

ふたつにみえて世界はひとつ
そのはじまりもその終わりもその外側もその内側もただひとつにつながる
そのひとつの息が人間の息(いのち)を吹きこんでいます

ルーミー


【2016/10/21 10:58】 | ヒマラヤ世界 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒマラヤ・アウェアネス・チャンネル(Himalaya Awareness Channel)開設
September 9, 2016

HAC(J)2.png

この度、代表を務めるNPO法人ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパンの主要なプロジェクトの一つである「ヒマラヤ・アウェアネス・チャンネル(Himalaya Awareness Channel)」(以下、HAC)を開設しました。HACとは、ヒマラヤに関連する様々な情報をヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン独自の視点で選別及び取材し、私たちの社会・生活・人生を考える手掛かりを提供する“インターネット情報局”です。「ヒマラヤの叡智から現代社会を考える」のコンセプトのもと、多様な情報をジャンル分けし(「社会」「教育」「環境」「文化」「健康」「政治・経済」「国家」「特集」)、動画、文章等を使い有機的に結びつけながらお伝えします。今後、英文情報の日本語訳及び独自取材を増やしていく等、逐次、アップグレードしてゆきます。また、翻訳ボランティア及びHACへの情報を募集中です。ご協力頂ければ幸甚に存じます。 かなり以前よりHACを計画していたので、ようやく立ち上げとなり喜びもひとしおです。HACは、言わば、ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパンの”ベースキャンプ”。ここを足場に、私どもの組織のミッションである「地球を考える ヒマラヤから考える」という”高峰”の登頂を目指します。


【2016/09/09 11:13】 | ヒマラヤ世界 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Olympic in 2008
July 26, 2012

北京五輪

赤々と燃え上がる聖火の炎は人から人へと手渡されイギリス各地を巡った。間もなく、オリンピックが開催される。テレビは連日特集を組み、いやが上にも巷の関心は高まる。今回は何ら問題なく、聖火は20日に予定通り開催地ロンドンに到着した。選手達の健闘を心よりお祈りする。ところで、貴方は覚えているだろうか、4年前のオリンピックを巡るあの“喧噪”のことを・・・

******************************************

前回の北京オリンピックの聖火リレーはトラブルの連続だった。中国の国威発揚の思惑もあり、リレーは前例の無い3月31日から130日間という長期間に渡り、世界135都市を経由。しかし、いつもの聖火リレーとは異なり、この大規模リレーは行く先々で凄まじい抗議を受けた。その抗議の発端は、リレー直前に起こった中国政府に対するチベットでの民衆の暴動だった。北京オリンピックが開催される2008年に入り、チベットでの中国政府の圧政への抗議行動は激化し、野火のごとくチベット各地に広がった。この非暴力的な抗議を当局は武力により徹底的に弾圧。この非情且つ理不尽な弾圧は世界中(特に欧米諸国)から反感を買うことになる。

聖火の通る道々では、チベットサポーターを中心に様々なデモが起こり、人権を無視し、少数民族の権利を顧みない中国政府の姿勢に厳しく「NO!」が突きつけられた。折しも北京オリンピックにより中国への関心が更に高まっていたこともあり、各国の主要メディアは連日このニュースを大きく取り上げた。又、YouTubeなど動画投稿サイトでもデモの様子が事細かに伝えられた。長年「チベット問題」をタブー視し取り上げてこなかった日本のマスコミ(特にテレビ)も、ことここに及んで遂に重い腰を上げることになる。

だが、東京や長野を含む世界各地で大規模なデモが起きたにも拘らず、結局、聖火はほぼ予定通りに世界各地を巡り(チベット人の聖山であるチョモランマの頂きにまで!)オリンピックは開催され、中国の大国としての国際的地位は不動なものとなった。一方、チベットで抗議行動を起こした勇気ある人々は当局により投獄され厳しい処罰を受けた(この投獄が何を意味するかは、この拙記事からご推察頂けるだろう)。2008年のこの顛末については以前の諸記事で述べた。

******************************************

あれから早4年。あの“喧噪”は昨日の様に鮮明だが、ロンドン五輪を目前とした今、月日の流れを確かに感じる。チベットの状況は悪化の一途だ。当局による締め付けは更に厳しくなり、結果、昨年の3月より焼身による抗議が相次いでいる。この一年余りの短期間に20名以上が自らの身体に火をつけているのだ(その大半が死亡)。 先日17日にも、未だ18歳の若き僧侶(Lobsang Lozin)が焼身自殺を遂げた。近年、この様な抗議行動そしてその数は世界のどこにも見当たらない異常事態だが、日本のマスコミ(特にテレビ)は殆ど伝えない。もともと「チベット問題」など取り上げたく無い彼らの本性が改めて透けて見える(“ロンドンオリンピック特集”番組で前回の北京大会の様子を紹介する際も、決して聖火リレーのごたごたを流すことはない。)。

一方、中国との交渉窓口であるチベット亡命政府は相変わらず実質機能していない。昨年、前首相(著名なリンポチェ(高僧)(Samdhong Rinpoche))の任期満了に伴い、亡命政府の首相にハーバード大出の法学者である一般人(Lobsang Sangay)が難民達による投票により選ばれた。一般人の首相は初めての画期的なことであったため、停滞する「チベット問題」を動かす斬新な政策の発案が期待されたが、今のところ「ダライ・ラマの政策を踏襲する」と表明するのみで、新たな策は出ていない。そのダライ・ラマは長年の政治的役割より昨年退いた。しかし、彼は相変わらず大多数のチベット人より崇敬されるチベットの“シンボル”であり、世界的人脈も有し人気も高い。「チベット問題」を巡る最大のキーパーソンは未だに彼であることに変わりはない。

さて、BBCのインタビューの中で先の民衆による「焼身抗議」についてダライ・ラマはこう答えている。「彼らの勇気は分かるが、当局への抗議行動としてどれほど効果があるのか甚だ疑問だ。もっと知恵を使う必要がある。」長年リーダーとして中国政府との交渉に苦労してきたダライ・ラマの複雑な心境は分からなくも無い。しかし、これが、チベットのために自らの命を投げ出した同朋について語るリーダーの言葉だろうか。メディアで語る言葉としては配慮が足らなさ過ぎる。

彼らは短絡的な衝動により身体に火を付けているのではない。世界が激動する中、北京オリンピック以降急速に失われていく「チベット問題」への世界の関心をつなぎ止めておくため、中国政府に絶対に屈しないという態度を明示するため、何より、何者にも従属しない自由を希求する人間の尊厳を示すために、彼らは明晰な覚悟の上で火を付けているのだ。これは彼らの知恵より生まれた真摯なる非暴力の抵抗だ。「非暴力の抵抗者たちは、いつどこでも平静な心を持って死んでゆくだろうが、侵略者の前にひざまずくことはないだろう」。ガンジーのこの言葉が彼らの行為に重なる。

政府の広報機関たる中国のメディアがこの焼身抗議をあたかも国家の治安を乱す“自爆テロ”の様に報道していることには何ら驚きは無い。しかし、欧米の一部のメディアが同じ様に報じているではないか!正に、開いた口が塞がらない。世界市場をねっとりと支配するする大国中国の影響、恐るべし・・・自爆テロなどとんでもない。ベトナム戦争時、ティック・クアン・ドック氏を初めとするベトナムの僧侶、尼僧達が抗議の焼身自殺を遂げた。かのチベット人達の行為は、そのベトナム人達に連なる究極の非暴力的抗議なのだ。

******************************************

88年、ダライ・ラマはインド亡命以来保持してきたチベット独立政策を放棄した。それ以降、度々の主張のばらつきや言動の不一致等“迷走”が続いている。そこには、彼が敬慕するガンジーが示した様な厳格な一貫した姿勢は見られない。2007年の米議会からの受勲という“失態”もその一つだ。「ダライ・ラマが何をしたいのか全く見えない。彼も単なる政治家なのか?」。先日、チベット問題の今後を話していた際、世界屈指の研究機関トロント大学で中国近代史の教鞭を執る友人はこう話した。同感だ。中国政府の悪行は言わずもがなだが、ダライ・ラマや亡命政府の迷走が、当局の不当統治を許しチベットの悲劇を長引かせている要因の一つだとも言える。自らの生命を投げ打ってチベットを取り戻そうとする「焼身抗議者」の覚悟を、彼らは果たして真に共有できているのだろうか。

先のガンジーの言葉は以下のように続いている。「非暴力の抵抗者は、甘い約束事に騙されるようなことはないだろう。また、第三者の助けを借りて、英国の軛から解放されることを求めたりはしない。彼らは自らの闘いの方法に絶対的な信念を持ち、他の方法を顧みることはない」。ダライ・ラマを初めとする亡命政府の関係者や難民達は、ガンジーのこの言葉を肝に銘じて、今こそ、59年の亡命直後から約30年にも渡り保持していたチベット独立の原点に立ち返るべきだ。それこそが、商業主義に染まるオリンピックの聖火を遥かに凌ぐ真の世界の希望と平和の「光」になることを私は信じて疑わない。

******************************************

チベットで大騒乱が起きた2008年のブログ記事内で幾度となく紹介してきたガンジーの言葉を、あのオリンピックの喧噪の意味を忘れない為にも、再度、「インド」の箇所を「チベット」に変えて記しておく。

「もし、チベットが非暴力の手段によって自由をとりかえすことに成功したならば、チベットは、自由のために闘っている他の民族にメッセージを送ったことになるだろう。いや、おそらくはそれ以上に、世界平和にとって未だ知られていない最大の貢献を果たしたことになるだろう」

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2012/07/26 15:03】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
日食 in Tibet
May 31, 2012

金環日食

去る5月21日、月が太陽を隠し金色の環を作る壮大な天体ショー、金環日食に日本全国が沸いた。宇宙マニアの私も、3倍で太陽を望める専用のグラスを前々から準備をし、その瞬間を心待ちにしていた。天気予報の通り、東京上空はあいにくの曇り・・・しかし運良く、雲をすり抜ける様に太陽はしばしば顔を覗かせ、月に食べられていく過程に息を飲んだ。そして、金環へ。太陽には雲の薄いベールが掛かり、グラスを使わずに直接肉眼でその環を見られた。薄暗い虚空に光るリングはまるで神話の世界の様で、辺りの喧噪は止み、時も静止した・・・その瞬間、25年前の記憶が鮮やかに蘇ってきた。

********************************************

1987年9月23日、沖縄で金環日食が観察出来たその日、大学生の私はチベットを独り旅していた。乗り合いバスは茫漠たるチベット高原を北を目指しひた走る。ふと、隣席のチベット人が紙片に漢字で「・・食」と書いて見せた。「食」とあったので、「いや、お腹は減ってないよ」と私は雑記帳に書き筆談した。彼は苦笑して首を振り、窓の外を指差す。何のことか分からず、窓外に目をやった。すると、何やら様子がおかしい。真っ昼間なのに薄暗い。再度、彼の字をよく見た。「日食か!」辺りはどんどん暗くなっていく。まるで、夕方のよう。部分日食に遭遇したのだ。初めての経験、しかもチベットでの神秘的な体験に大いに興奮した。帰国後知ったのだが、私がバスより天空を見上げていた丁度その時、ラサ(チベットの都)では中国政府に対するチベット民衆による大規模な暴動が起きていた。あれから、早25年。チベットの状況は一向に良くならず、否、悪化の一途を辿っている。抗議の焼身自殺をする者も後を絶たない。「チベット問題」を無視する日本のマスコミ(特にテレビ)、政府、企業の姿勢も相変わらずだ。

********************************************

深い残像と余韻を残し、月は太陽から遠ざかっていった。再び輝きを取り戻した太陽の光が新緑を鮮やかに照らし出す。周囲に満ちる生命の波が蘇り、躍動し始める。

チベットは未だ日食のままだ。それは、人間社会そのものが未だに暗がりの中にあることを意味する。

「光」が射すのは一体いつになるのだろうか。

テーマ:チベット - ジャンル:海外情報

【2012/05/31 23:55】 | チベット問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ